W杯得点王争いを予想!最も確率が高いのは…?

得点王争いはこの4人に絞られた!

ケインロシアワールドカップも、残すところ4試合となった。決勝戦の対戦カードを予想するのは言うまでもなく一番の楽しみだが、だれが得点王を獲得するかという点も見どころの一つだ。

現時点で、フランス、ベルギー、ポルトガル、イングランドの4か国が勝ち残っているが、レギュレーション上3位決定戦があるため、仮に準決勝で敗れた場合でも最低でもあと2試合できるということは決まっている。

ちなみに、現時点の得点ランキングトップ10は以下の通りとなっている。

  1. 6得点:ハリー・ケイン(イングランド)
  2. 4得点:ロメル・ルカク(ベルギー)
  3. 4得点:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
  4. 3得点:デニス・チェリシェフ(ロシア)
  5. 3得点:ジエゴ・コスタ(スペイン)
  6. 3得点:エディンソン・カバーニ(ウルグアイ)
  7. 3得点:アルテム・ジュバ(ロシア)
  8. 3得点:ジェリー・ミナ(コロンビア)
  9. 3得点:キリアン・ムバッペ(フランス)
  10. 3得点:アントワーヌ・グリーズマン(フランス)

4得点のクリスティアーノ・ロナウドや、3得点のデニス・チェリシェフ、エディンソン・カバーニといった選手は既に敗退している。

得点王予想オッズ
得点音予想オッズはこちらからご確認ください。)

このゴール数をさらに伸ばす可能性があるのは、6得点で現在首位のハリー・ケイン、4得点のロメル・ルカク、3得点のキリアン・ムバッペアントワーヌ・グリーズマンの4人だ。

ハリー・ケイン ロメル・ルカク キリアン・ムバッペ アントワーヌ・グリーズマン

最有力は…?

可能性としては、やはりハリー・ケインがそのまま得点王になる確率が最も高い。というのも、彼はチームでPKキッカーを任されており、今大会既に3度ペナルティキックを成功させている。

加えて、チームのストロングポイントがセットプレーにあり、ケイン自身これまでコーナーキックから2得点をマークしていることから、この後も得点を重ねる可能性が高い。

2位のロメル・ルカクも爆発力があり、場合によってはハットトリックをマークして一気に首位に浮上することも考えられる。

フランスのキリアン・ムバッペアントワーヌ・グリーズマンに関しては、ここから4ゴール以上を奪ってケインを抜くというシナリオはややイメージし辛い。可能性があるとすれば、PKキッカーを任されているグリーズマンか。

以上の考察から、イングランドのエースハリー・ケインが得点王を獲得する可能性が極めて高いと予想する。
はたしてこの中から歴史に名を残すのは一体だれか…。

ゲームはもちろん、スコアラーにも注目だ!

他の記事を読む

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑