W杯で力証明した香川 新シーズンはあの新加入選手と先発争い?

来季はディレイニーとポジション争いか

香川真司日本代表で10番を背負い、ロシアワールドカップ二大会ぶりの決勝トーナメント進出の立役者となったボルシア・ドルトムント所属の香川真司。

ベルギー戦でアシストをマークする等大会を通して好調を維持した日本のスターだが、ドルトムントでの新たなシーズンのスタートは厳しいものになるかもしれない。

ルシアン・ファブレを新指揮官に招聘したドルトムント。新体制で2018-19シーズンに臨むことになるが、ブンデスリーガの公式サイトで発表された来シーズンの予想スターティングメンバーに、「シンジカガワ」の名前はなかった。

昨シーズンまでフランス・リーグアンのニースで指揮を執っていたルシアン・ファブレは、かねてから4-3-3のシステムを好む知将として知られる。

ブンデスリーガ公式の記事でも、ルシアン・ファブレが4-3-3のシステムを採用することが予想されており、香川がこのフォーメーションで起用される場合、インサイドハーフに抜擢される可能性が最も高い。

しかし、予想スターティングメンバーでインサイドハーフに入っているのは、元ドイツ代表のマリオ・ゲッツェと、今季からの新加入選手であるデンマーク代表のトーマス・ディレイニーのコンビだ。

香川が肉声メッセージで動画を公開 今後の去就については…?サポーターに感謝のメッセージを送る香川

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

4-4-1-1でもベンチ予想?

ファブレ監督は、ブンデスリーガ時代(ボルシア・メンヒェングラートバッハを指揮)に4-4-1-1を導入していたが、横並びとなる真ん中には右からアメリカ代表のクリスティアン・プリシッチ、マハムード・ダフード、トーマス・ディレイニー、イングランドの期待の若手ジェイドン・サンチョとなっており、ここでも香川の名前はない。

ボルシア・メンヒェングラートバッハ時代に、ユースで目立っていたマハムード・ダフードのことを高く評価していたことも伝えられており、この22歳と若いドイツ人を中心に二列目を形成するのではないかとレポートされている。

このように、ブンデスリーガ公式ではベンチ予想となっている香川真司だが、戦術かとしてもお馴染みのファブレ監督だなけに、ハードワークを厭わず、かつ独創的なプレーが売りの香川を先発に抜擢する可能性も十分にあると思われる。
はたして新シーズン香川はどのように起用されるだろうか。

プレミアリーグにベット

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑