UEFAネーションズリーグ開幕!新旧王者対決の行方は…?

本気のドイツVS本気のフランス

キリアン・ムバッペ現地時間6日、いよいよUEFAネーションズリーグが開幕した。

記念すべき開幕ゲームを飾ったのは、2014年ブラジルワールドカップ覇者のドイツ代表と、2018年ロシアワールドカップ覇者のフランス代表。

2018ロシアワールドカップ結果

ロシアワールドカップでは失意のグループステージ敗退に終わったドイツ。
この日はマルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)、トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)、トニ・クロース(レアル・マドリード)、ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)等豪華布陣で挑んだ。

対する世界王者フランスも、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)をはじめ、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)、ヌゴロ・カンテ(チェルシー)等ベストメンバーが顔を揃えた。

試合はホームのドイツが優勢に進める展開となるが、最後の局面で決め手を欠いてスコアレスのまま前半を折り返し。

後半に入ると、よりオープンな展開となる。まず47分にはグリーズマンが目の覚めるような左足シュートを放つと、ドイツ守護神マヌエル・ノイアーがなんとかセーブ。

攻勢を仕掛けるレ・ブルーは63分にもグリーズマンが強烈なミドルシュートを放つも、またしてもノイアーのファインセーブによって掻き出された。

対して、この日がAマッチデビューとなったフランスGKアレオラも、64分にマルコ・ロイスのシュートをセービング。

さらに71分にはペナルティエリア内でマッツ・フンメルスのシュート、74分にはギンターのヘディングシュートをなんとか掻き出した。

両チームの守護神が大活躍したこの試合。結局スコアが動くことは無かった。

この日は、ヨシュア・キミッヒがアンカーに入ったことでロシアワールドカップではまた違った顔を見せたドイツ。UEFAネーションズリーグ制覇で汚名返上と行きたいところだ。

ERO2020の最新オッズもチェック!

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑