NZ戦で途中交代から勝利に貢献した乾「クロスは適当です」

・途中交代から違いを生み出した乾
日本代表は6日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2017ニュージーランド戦を戦い、2-1で辛勝した。後半終盤まで1-1と重苦しいムードの中試合が進み、70分からマインツ武藤嘉紀との交代でピッチに立ったエイバル乾貴士。

ボールを触るや否や、そんな重苦しいムードを一気に払拭するようなプレーを披露。持ち前のドリブル突破で左サイドを制圧すると、他のアタッカーとのコンビネーションに幾度となく絡み、変幻自在にピッチで踊った乾。
ガンバ大阪倉田秋の決勝ゴールを生み出したのも乾の突破からのクロスだったが、とりわけ同サイドのインテル長友佑都とのコンビネーションは冴えわたっていた。

サイドバックの長友との連携について、「僕がためを作ることで佑都君が上がりやすいかなと思っていたので、そうしたことを意識しながらプレーしていました。」と乾自身も話している。事実、長友のオーバーラップを活用した攻撃に、ニュージーランドのディフェンダー陣が露骨に手を焼いていた。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・「クロスは適当です」
さらに乾は、「縦に仕掛けていくことを自分自身考えながらプレーしていた。得点シーンでは、宏樹が良く入ってきてくれていいアシストをしてくれたと思う。秋もあそこまで入ってしっかり得点を決めてくれたのですごく良かった。」と得点シーンにも言及。
また、「クロスに関しては適当です。あそこらへんに挙げれば誰かが合わせてくれるだろうなと思って入れました。」とこともなげに話している。

ライバルの武藤についても語っており、「やっぱヨッチの良さは裏への抜け出し、得点感覚とキープ力も高い。前半はいくつかいいかたちがあったし、俺はそれも良かったと思う」と冷静に分析している。最後に乾は、「自分たちは指揮官が求めていることをやるということが大前提なので、それをやりつつ自分の色をプラスアルファでだしていかないと、世界では通用しないと思う」と締めくくった。

攻撃が停滞していても、一先ず左サイドの乾へボールを預ければ最低でもアーリークロスを上げてくれるといったような安心感さえある乾。リーガエスパニョーラで揉まれた日本屈指のテクニシャンは、武藤、原口といったライバルに自身のポテンシャルの高さをまざまざと見せつけた。
10日日産スタジアムで行われるハイチ戦では同じく途中交代から好パフォーマンスを発揮したヘーレンフェーン小林と先発出場するのではないだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • 2018ロシアワールドカップ

    ワールドカップの歴史

    ワールドカップスタジアム