総プレイヤー人口約7,000万人を超えるゲームLeague of Legendsにベットしよう!

「リーグ・オブ・レジェンズ」League of Legends
League of Legendsは総プレイヤー人口約7,000万人を超える人気ゲームであり、ブックメーカーではそんなLeague of Legendsの世界にベットを行なうことができます。「リーグ・オブ・レジェンズ」

LOL(League of Legends)の歴史

LOL(League of Legends)は通称MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)と呼ばれており、世界競技人口が7,000万人を超えるモンスターネットゲームとなっています。
世界で最もプレイヤー数が多いとされているLOLは、賞金が『億』を超える大会も多数開催されており、米国ではプロスポーツ選手用のビザが認定されるなどプロゲーマー達が競い合うeスポーツの競技としても注目を集めています。
また、たとえゲームをプレイをしなくとも、ブックメーカーを通じてプレイヤー同士の試合にベッティングを行なうことで、LOL観戦を通常の何倍も楽しむことができます。

基本ルール

LOLは、基本的に3対3あるいは5対5によるプレイヤー同士の対戦形式となります。
また、通常ルールで対戦する「ノーマルモード」や実力に応じたリーグ内でプレイする「ランク」無作為総力戦の「ランダムミッド」など複数のルールが存在します。
総プレイヤー人口約7,000万人を超えるゲームLeague of Legendsにベットしよう

世界各地で世界選手権が開催

LOLは毎年各国で世界選手権が開催されており、近年では「ソウル」や「北京」などアジア圏内でも大会が行なわれています。
プレイヤーは北米をはじめとして、南米やヨーロッパ、アジア諸国など世界中から高額な賞金の獲得を目指して参加します。
2016年に開催されたロサンゼルス大会では、賞金総額が5,070,000米ドル(約5億5千万円)にものぼっており、改めてLOLの注目度の高さが再認識されました。

LOLが採用されているブックメーカー

LOLが採用されているブックメーカー
LOLの試合にベッティングを行なう場合、LOLをベッティングの対象として採用しているブックメーカーのアカウントを作成する必要があります。
そこで、この項目ではブックメーカー初心者の方でも迷わないよう、信頼性が高くLOLをベッティングの対象として採用しているブックメーカーをご紹介していきます。

『ブックメーカー一覧』

  1. ① ウィリアムヒル
    William Hill (ウィリアムヒル)ウィリアムヒルは、創業から80年以上の運営実績を誇る社員数1万人以上の、世界最大ブックメーカーです。
    英国政府公認のブックメーカーであるウィリアムヒルは、ロンドン証券所に上場している優良企業でもあるため、数あるブックメーカーの中でもトップクラスの信頼性があるといえるでしょう。
    また、過去にはラ・リーガに所属する『マラガFC』や、英国のプロサッカーカップ戦である『FAカップ』など、スポーツに関わる多くのスポンサーを務めてきました。
    そんなウィリアムヒルでは『eスポーツ』にベッティングを行なうことが可能となっており、LOLの試合にも勿論ベットできます。
    日本語に完全対応しており、サポートも充実しているウィリアムヒルならば、スポーツベット初心者でも安心してベッティングを楽しむことができるでしょう。
  2. ② ピナクルスポーツ
    ピナクルスポーツ-pinnaclesportsピナクルスポーツは、業界内でも最高水準の還元率を誇るブックメーカーです。
    ベット上限がなく青天井で賭ける事ができる珍しいブックメーカーであり、多くのプレイヤーの支持率を集めている一因となっています。
    また、オッズの異なるブックメーカーではアービトラージを認めていない場所が多いですが、ピナクルスポーツの場合は大々的にアービトラージを認めていることを公言しているため、プレイヤーは自由なスポーツベッティングを楽しむことができます。
    そんなピナクルスポーツでは『eスポーツ』にベットする事が可能であり、LOLも採用しています。
    LOLへアービトラージベットを行いたいならば、ピナクルスポーツがおすすめです。
    e-スポーツにベッティング-ピナクルスポーツ

LOLにベットする方法

LOLにベットする手順は簡単ですので、スポーツベッティング初心者の方でも安心です。
今回は、上記で紹介しました『ウィリアムヒル』を例にしてご紹介しましょう。
まずは、ウィリアムヒルのトップページからアカウントを登録し、入金を済ませます。
次に、ウィリアムヒルのスポーツカテゴリから「eスポーツ」という競技を探してクリックしましょう。
すると、「League of Legends – リーグ・オブ・レジェンズ」という項目に、これから行なわれる試合の一覧(オッズ)がでてくるので、好きな試合に希望するベット額を入力します。
これだけで正式にベットは完了するので、後は試合観戦などを行ない、結果を待つだけです。
アカウントを作成し、ベットが完了するまで30分もかかりません。
思い立てばいつでも、時間をかけることなくベッティングが楽しめるのはブックメーカーの大きなメリットだといえるでしょう。

他のe-スポーツ


Comments are closed.

Back to Top ↑