2018年公式テーマソングが勢揃い!

ワールドカップのオフィシャル曲が決まりました。FIFAのオフィシャルソングのほかにも、長年ワールドカップを応援してきたコカ・コーラ社や、日本のワールドカップの試合を放送するNHKも独自のオフィシャルソングを選んでいます
↓ 下記の各ソングに移動 ↓
NHKが選んだワールドカップオフィシャルソングのグループ
“Voltage”
ウィル・スミスそしてニッキー・ジャム
“Live It UP”
ナタリア・オレイロ
“United By Love”
コカコーラが選んだワールドカップオフィシャルソング
“Colors”
Командаカマンダ
“SMASH”

NEW!
ウィル・スミスそしてニッキー・ジャムワールドカップの公式ソングに大物シンガーがコラボするというニュースが入ってきました。

俳優としても大活躍のウィル・スミスとレゲトン界のスターニッキー・ジャムそして東欧のダンスミュージックの美貌の歌姫エラ・イストレフィがコラボ!

fifaw杯公式曲

ワールドカップオフィシャルソング

ワールドカップに華を添えてくれる曲がオフィシャルソングです。今までにも幾つもの名曲が選ばれてきました。FIFAだけでなく、コカ・コーラなどのスポンサーもそれぞれオフィシャル曲を選びます。日本では、各TV放送局が (日本代表)応援ソングを用意しています。

ワールドカップ2018年ロシア大会には複数のオフィシャルソングが存在しますが,
公式オフィシャルソング(アンセム)に大物たちがコラボした公式曲がリリースされることが発表されました。

曲はLive It UP

今回リリースされる楽曲はウィル・スミスニッキー・ジャムがコラボし、シンガーはコソボ出身のエラ・イストレフィ(Era Istrefi)。楽曲は5月25日にリリース・公式ミュージックビデオは6月7日にリリースが予定されています。
個人的にウィルスミスの大ファンの筆者には嬉しい驚きのニュースです。

ウィル・スミスが久しぶりにラッパーに復活

ウィル・スミスそしてニッキー・ジャム

https://www.instagram.com/willsmith/

俳優として有名なウィル・スミスですがザ・フレッシュ・プリンス(The Fresh Prince)としても活躍していました。今回のワールドカップのアンセムに参加したことに対して、以下のようなコメントを発表しています。

「2018 ワールドカップでのパフォーマンスを依頼されたのはとても光栄だ。この世界的なイベントは、応援、笑い、魔法を体験することにより世界中の人々をひとつにする。ニッキー、ディプロ、Eraとのコラボは、ハーモニー、エクレクティック・フレーバー、ジャンルの集大成。最終的なところ、僕らは世界が踊るのを見たい」とのこと。

この世界最強のコラボでのパフォーマンスが楽しみです!



エラ・イストレフィってどんな歌手?

東欧特有のメランコリックな美貌をもつシンガー、エラ・イストレフィ。2003年にコソヴォ放送のテレビ番組Top RTKに出演したのをきっかけに音楽活動を開始、ポップ・ミュージックやR&B、ポップ・フォークなどの音楽の要素を掛け合わせた音楽性が魅力です。2016年にリリースされたシングル「Bonbon」の動画再生数は3億回を超えました。今もっともHOTなバルカンの歌姫と噂のシンガーです。

最強のコラボ ニッキージャム&ウィル・スミス

ニッキージャム

レゲトン界の大スターニッキー・ジャム。2017年に発表された楽曲El Amanteも大ヒットしたのは記憶にも新しいです。ゆっくりしたテンポの楽曲が特徴で、「魅惑的でセクシーなレゲトン」と評されることも多いです。
ニッキー・ジャムもワールドカップの公式曲に選ばれたことに対して、「FIFAワールドカップのオフィシャル・ソングをレコーディングするなんて、生涯の功績だ。こんな素晴らしい機会に恵まれるアーティストは多くはない。幸せだし誇りだ。孫に“僕がやったんだ”って言える」とチャーミングな感謝のコメントを発表しています。

ウルグアイの歌姫ナタリア・オレイロが”United By Love”をワールドカップに向けて発表

ナタリア・オレイロ
“United By Love” Natalia Oreiro

さらにワールドカップに関連する音楽の情報として、ウルグアイの歌手・女優として知られるナタリア・オレイロがワールドカップ・ロシア大会に向けて楽曲United By Loveを、スペイン語・英語・ロシア語の3ヶ国語でリリースしました。このミュージックビデオは公開1週間で再生回数100万回数を超えています。

コカコーラが選んだワールドカップオフィシャルソング

コカ・コーラが選んだオフィシャルソング( FIFAワールドカップ・オフィシャル・アンセム)はジェイソン・デルーロも楽曲の作曲に参加した「Colors」。アップテンポで元気のでるこの応援ソングです。

● ジェイソン・デルーソってどんな歌手?

ジェイソン・デルーソってどんな歌手?

ジェイソン・デルーソはアメリカのシンガーソングライター・俳優・歌手とマルチタレントな持ち主。カリブ海の島国ハイチの血を引いています。デビューシングルの「ワッチャ・セイ、僕のせい」で大きな成功を収め、一躍スター歌手となりました。

● オフィシャルソング 「Colors」について

デルーロは「コカ・コーラの2018 FIFAワールドカップ オフィシャルソングを作る機会をいただけて大変光栄に思います。世界最高峰のアスリートが競う神聖な大会に携われて嬉しいです」とコメント。

さらにこの曲について自分が今までの旅や経験から、様々な場所で感じた文化の多様性を讃え、世界中のスポーツファンたちがサッカープレーヤーに贈りたいと感じるエネルギーとなれるように祈りを込めたと語っています。明るくポップなポジティブエネルギー溢れるこの曲で、ファンたちのプラスエネルギーがきっとプレーヤーたちに届くことでしょう。

NHKが選んだワールドカップオフィシャルソングのグループ

NHKが選んだワールドカップオフィシャルソングのグループ

ワールドカップの試合を放送する日本のNHKも、独自の公式テーマ曲を選びました。放送時にはこのテーマ曲が流れるため、前回のワールドカップでもFIFAの公式テーマ曲よりも日本では耳に入ることが多くなる曲となるはずです
今回このテーマ曲の担当に選ばれたのは6人組バンド「Suchmos(サチモス)」。

続報・NHK公式ワールドカップテーマ曲

2018FIFAワールドカップの中継放送をはじめNHKのサッカー放送を彩る2018年のサッカーテーマ、「Suchmos」(サチモス)が歌う「VOLT-AGE」(ボルテージ)が完成しました。

nhk.or.jp/sports/2018fifaworldcup/soccer_theme/index.html

「Suchmos」「VOLT-AGE」

日本でのワールカップのTV放送を担当するNHKのワールドカップテーマ曲が決まり、ミュージックビデオもすでにリリースされています。
楽曲名は男性6人グループ suchmosの「Volta-ge (ボルテージ)」です。

NHKで公開されている音楽ビデオには落ち着いた感じながらも爽やかな歌声のバックに
日本代表チームのメンバーたちが次々に映し出されワールドカップが待ち遠しいですね。

● Suchmosってどんなグループ?

Suchmosってどんなグループ?

Suchmos(サチモス)は日本の男性6人組バンド。ロック・ジャズ・ソウル・ブラックミュージックなどを取り入れた彼らの独特で不思議な世界観は瞬くうちに若い世代に受け入れられ大人気となっています。代表曲は2016年に発表した「STAY TUNE」。Hondaの車「VEZEL」のCM曲に使われて、またたくうちに人気となりました。

Командаカマンダ(SMASH)

FIFAのワールドカップオフィシャルソングは開催地であるロシアの歌手が歌う『 Командаカマンダ(SMASH)』です。調べてみたのですが、グループも歌手の情報もあまり公開されていないようです。楽曲はYOUTUBEでも流れていますが、広がりのある聞きやすい応援ソングです。

まとめ

ワールドカップ公式曲の最新アップデート情報をお伝えしました。FIFAの公式ソングに選ばれたウィル・スミスとニッキー・ジャムとエラ・イストレフィのコラボのビックニュースもワールドカップ前ならではの驚きで楽しみです。
ワールドカップロシア大会のオフィシャルソングをご紹介しました。どの曲もポジティブで元気が出る曲が選ばれていますね。
今までの曲、たとえば2010年の『Waka Waka 』は変評価が大変良く世界で大ヒットしました。逆に、2014年の『We Are One(Ole Ola)』の評価は残念ながらあまり良くありませんでした。2018年のFIFAテーマソングはヒットするのか、期待したいですね。


ワールドカップの歴史 4年に1度の祭典ワールドカップの歴史。
w杯・オフィシャルボール決定 ワールドカップマスコット 2018年公式テーマソングが勢揃い! VAR(ビデオアシスタントレフェリー)は必要か?

Tags: , ,


About the Author

はベッティングトップ10の編集者の一人です。長年のフリーランスウェブマスターとしての経験の後ベッティングトップ10の新しい部署を担当するために雇われることになりました。Benjyは歴史と地理の学士号を持っているものの一番の情熱はウェブサイトの構築とサッカー観戦にあるそうです。



Comments are closed.


Back to Top ↑