EL一回戦組み分け決定!香川ドルトは絶好調アタランタと激突

・ドルトムントは絶好調アタランタと対戦
現地時間11日、スイスチューリッヒでUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント一回戦の組み合わせ抽選会が行われた。

その結果、今季のヨーロッパリーグ一回戦の抽選結果は以下の通りとなった。

ドルトムント(ドイツ) vs アタランタ(イタリア)
コペンハーゲン(デンマーク) vs A・マドリー(スペイン)
パルチザン(セルビア) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
AEKアテネ(ギリシャ) vs ディナモ・キエフ(ウクライナ)
セルティック(スコットランド) vs ゼニト(ロシア)
ナポリ(イタリア) vs ライプツィヒ(ドイツ)
レッドスター(セルビア) vs CSKAモスクワ(ロシア)
ニース(フランス) vs ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
リヨン(フランス) vs ビジャレアル(スペイン)
ソシエダ(スペイン) vs ザルツブルク(オーストリア)
ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) vs ラツィオ(イタリア)
ルドゴレツ(ブルガリア) vs ミラン(イタリア)
アスタナ(カザフスタン) vs S・リスボン(ポルトガル)
エステルスンド(スウェーデン) vs アーセナル(イングランド)
マルセイユ(フランス) vs ブラガ(ポルトガル)
スパルタク・モスクワ(ロシア) vs ビルバオ(スペイン)

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

チャンピオンズリーググループステージでトッテナム・ホットスパー、レアル・マドリードに敗れたことでヨーロッパリーグに参戦する香川真司所属のボルシア・ドルトムントは、死のグループを首位通過したアタランタと激突。

南野拓実所属のザルツブルクは、スペインのレアル・ソシエダと、日本代表の酒井宏樹が所属するマルセイユはポルトガルのブラガと対戦することが決定した。
これら日本人所属3クラブは、何れも厳しい対戦相手との試合となったが、揃って2回戦へと駒を進めることはできるだろうか。

まさかのチャンピオンズリーググループステージ敗退を喫したフランス代表アントワーヌ・グルーズマン擁するアトレティコ・マドリードは、デンマークのコペンハーゲンと対戦することが決定。

その他、アーセナルはスウェーデンのエステルスンドと、ナポリはドイツのライプツィヒと対戦することとなった。

尚、決勝トーナメント1回戦は、ファーストレグが来年2月15日に開催され、セカンドレグは同年2月22日に行われる予定だ。

他の記事を読む

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑