CL準優勝リバプール ロナウド獲得のユベントスからディバラ引抜か

リバプールがディバラ獲りに本腰

パウロ・ディバラ昨シーズン、UEFAチャンピオンズリーグで決勝戦まで勝ち進んだリバプールが、“ラ・ホヤ(宝石)”と称されるアルゼンチン代表でユヴェントス所属のパウロ・ディバラの獲得に向けて本格的に動き出したそうだ。

背景には、本日正式発表がなされたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍成立がある。130億円を投じてロナウドを獲得したことで、ユベントスは経営面でトップクラスの選手を他チームへ売却する必要がある。

クリスティアーノ・ロナウドロナウドがユベントスに加わったことで、ビアンコネロのサポーターは歓喜したのは間違いない。とりわけ週末ユベントススタジアムで“Agnelli”、“Fiat”、“La Juve”を踊る何万人ものサポーターやファンは狂喜乱舞しているだろう。
しかしその代償として、「アルゼンチンの宝石」を手放さなければならないかもしれない。

こうした状況に真っ先に付け入ったのが、プレミアリーグ名門でチャンピオンズリーグ準優勝のリバプールというわけだ。

リバプール

クロップは117億円で正式オファー提示

ユルゲン・クロップアルゼンチンメディア『TyC Sports』の報道によると、リバプールのユルゲン・クロップ監督は、パウロ・ディバラのことを高く評価しており、獲得を熱望しているとのこと。

昨シーズン旋風を巻き起こしたモハメド・サラー(エジプト代表)、サディオ・マネ(セネガル代表)、ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表)のトリデンテに加えて、圧倒的な個の力を手に入れるために9,000万ユーロ(約117億円)での正式オファーをユベントスに提示したそうだ。

リバプール

ユベントスとの契約がまだ4年残っているパウロ・ディバラだが、ディバラ本人がオファーを承諾した場合、ユベントスはクリスティアーノ・ロナウド獲得と引き換えにこのアルゼンチンの至宝を手放すことになるだろう。

アルゼンチン代表として挑んだロシアワールドカップは、リオネル・メッシ(バルセロナ)の控え扱いでほとんど試合に出られなかったうえ、チームも早期敗退に終わったが、現在はアルゼンチンでバケーションを過ごしているディバラ。今後の動向に目が離せない。

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑