CL準々決勝の対戦カードが決定!昨季決勝戦の再現も

昨季決勝レアル×ユベントスが実現!

シェフチェンコ現地時間16日、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。

今大会の決勝戦の会場がウクライナのキエフということで、現ウクライナ代表監督のアンドリュー・シェフチェンコがドロワーを務めた注目の準々決勝抽選会。

抽選の結果、セリエAのユベントスとラ・リーガのレアル・マドリードによる昨シーズン決勝戦の再現等、今から楽しみで仕方がないような対戦カードが実現した。

準々決勝からは、例年通り全チームオープンドローで行われたため、同国対決の可能性があった。そして今回、マンチェスター・シティとリバプールによるイングランド勢同士の対決が実現。この試合も非常に楽しみな一戦だ。

その他、ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンは、マンチェスター・ユナイテッドを破って8強へ勝ち上がったセビージャと、優勝候補筆頭のバルセロナはセリエAから勝ち上がったASローマと相まみえる。

ホームアンドアウェーによるトータルスコアで争われるチャンピオンズリーグ準々決勝は、4月3日と4日にファーストレグ、4月10日と11日にセカンドレグがそれぞれ行われる。

尚、準決勝の組み合わせは、準々決勝終了直後の13日に行われる予定。チャンピオンズリーグ決勝戦は、5月26日にウクライナのキエフで開催される予定となっている。

チャンピオンズリーグ準々決勝の日程は以下の通り(左がファーストレグホーム)。

▼準々決勝対戦日程
(ファーストレグ4月3日、セカンドレグ4月11日)
セビージャ(スペイン)―バイエルン(ドイツ)
ユベントス(イタリア)―レアル・マドリー(スペイン)

(ファーストレグ4月4日、セカンドレグ4月10日)
バルセロナ(スペイン)―ローマ(イタリア)
リバプール(イングランド)―マンチェスター・シティ(イングランド)

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑