CL本戦出場32チーム出揃う!抽選に先駆けてポッド分けを発表

・いよいよCL本戦出場32チームが出揃う
現地時間23日、チャンピオンズリーグのプレーオフの全日程が終了し、出場32チームが出揃った。それに伴い、ギリスメディア『ESPN』が本大会のグループリーグの組み分け抽選界のポット分けを発表している。

チャンピオンズリーグ出場32チームのポット分けは以下の通り

◎ポッド1
レアル・マドリード(昨シーズン優勝)
チェルシー(イングランド王者)
バイエルン(ドイツ王者)
ユヴェントス(イタリア王者)
モナコ(フランス王者)
ベンフィカ(ポルトガル王者)
シャフタール(ウクライナ王者)
スパルタク・モスクワ(ロシア王者)

◎ポッド2
バルセロナ(スペイン2位)
アトレティコ・マドリード(スペイン3位)
ドルトムント(ドイツ3位)
マンチェスター・C(イングランド3位)
マンチェスター・U(EL優勝)
パリ・サンジェルマン(フランス2位)
セビージャ(スペイン4位/プレーオフから進出)
ポルト(ポルトガル2位)

◎ポッド3
ナポリ(イタリア3位/プレーオフから進出)
バーゼル(スイス王者)
オリンピアコス(ギリシャ王者/予選3回戦から進出)
アンデルレヒト(ベルギー王者)
トッテナム(イングランド2位)
リヴァプール(イングランド4位/プレーオフから進出)
ベジクタシュ(トルコ王者)
ローマ(イタリア2位)

◎ポッド4
CSKAモスクワ(ロシア2位/3回戦から進出)
アポエル(キプロス王者/2回戦から進出)
フェイエノールト(オランダ王者)
スポルティング(ポルトガル3位/プレーオフから進出)
マリボル(スロヴェニア王者/予選2回戦から進出)
カラバフ(アゼルバイジャン王者/2回戦から進出)
ライプツィヒ(ドイツ2位)
セルティック(スコットランド王者/予選2回戦から進出)

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・レアル、パリ、リバプールが同居の可能性も…
昨シーズンの王者レアル・マドリードや、ブンデスリーガ覇者のバイエルン・ミュンヘン、セリエA王者のユベントス、プレミアリーグ王者のチェルシーらがポッド1に入った。
一方リーガエスパニョーラ2位のバルセロナや、ブンデスリーガ3位のボルシア・ドルトムント、プレミアリーグ3位のマンチェスター・シティらはポット2に振り分けられている。ヨーロッパリーグを制覇してチャンピオンズリーグの出場権を獲得したマンチェスター・ユナイテッドもこのポッド2に加えられた。

ポット3では、プレーオフで最後の切符を手にしたリバプールやナポリ、オリンピアコスといった強豪チームに加え、セリエA2位のローマも加えられている。また、昨シーズンブンデスリーガで大躍進を果たし2位に食い込んだライプツィヒは、ポッド4に振り分けられた。

チャンピオンズリーググループリーグ抽選会は、日本時間25日の午前1時に行われる。レアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、リバプール、ライプツィヒといった死のグループが誕生する可能性もあるが、果たしてどのような組み分け結果になるのか注目だ。尚、日本人の出場選手はドルトムントの香川真司のみとなっている。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑