CLグループステージ抽選結果発表!香川所属ドルトムントは死の組へ…

・チャンピオンズリーググループ組み分け決定
現地時間24日、今シーズンのチャンピオンズリーグのグループリーグの抽選会がフランスで行われた。

2017-18シーズンCLグループステージは以下の通り
(各組上からポッド順)

◇グループA
ベンフィカ(ポルトガル)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
バーゼル(スイス)
CSKAモスクワ(ロシア)

◇グループB
バイエルン(ドイツ)
パリ・サンジェルマン(フランス)
アンデルレヒト(ベルギー)
セルティック(スコットランド)

◇グループC
チェルシー(イングランド)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ローマ(イタリア)
カラバフ(アゼルバイジャン)

◇グループD
ユベントス(イタリア)
バルセロナ(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ)
スポルティング(ポルトガル)

◇グループE
スパルタク・モスクワ(ロシア)
セビージャ(スペイン)
リバプール(イングランド)
マリボル(スロベニア)

◇グループF
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
マンチェスター・シティ(イングランド)
ナポリ(イタリア)
フェイエノールト(オランダ)

◇グループG
モナコ(フランス)
ポルト(ポルトガル)
ベジクタシュ(トルコ)
RBライプツィヒ(ドイツ)

◇グループH
レアル・マドリー(スペイン)
ドルトムント(ドイツ)
トッテナム(イングランド)
APOEL(キプロス)

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

上から見ていると、各組基本的にはパワーバランスが平等になったのかなと思いきや、最後のグループHが死のグループとなっている。昨シーズン、チャンピオンズリーグ史上初となる連覇を達成したリーガエスパニョーラ王者のレアル・マドリードと、チャンピオンズリーグ決勝進出経験のあるブンデスリーガ3位のボルシア・ドルトムント、そしてプレミアリーグからスパーズ…。

キプロスリーグ王者のアポエルも、数シーズン前に同大会で番狂わせを起こしたおり、軽視できない相手だ。日本代表の香川真司所属のドルトムントにとっては、非常に難しいグループに入ったというのが率直な感想だろう。

また今回の抽選結果の大きな特徴は、ビッグマッチが多く組まれたというところにもある。グループステージから、バイエルン・ミュンヘン対パリ・サンジェルマン、ユベントス対バルセロナ、アトレティコ・マドリード対チェルシー、そしてレアル・マドリード対ドルトムントといった好カードが実現。グループステージから見逃せない試合がてんこ盛りだ。

また昨シーズンのヨーロッパリーグを制覇してチャンピオンズリーグの出場権を手にしたマンチェスター・ユナイテッドは、ポルトガル王者のベンフィカと、プレーオフを勝利して最後の切符を手にしたリバプールはセビージャといった難敵と対峙する。

尚、決勝戦は来年の5月26日に、オリンピスキ・スタジアム(ウクライナ)で行われることになっている。果たしてこの32チームの中からウクライナへの切符を手にする2チームはどこになるのか。今季も白熱のバトルが始まろうとしている。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑