CLが開幕!ムバッペ、ネイマール、カバーニが揃ってゴール

・ヨーロッパ王者を決める戦いが幕開け
今年もまたヨーロッパの熱い戦いが始まった。現地時間12日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節が行われ、ヨーロッパ各地で選ばれし精鋭たちが火花を散らした。

まずはグループA。昨シーズンのヨーロッパリーグを制覇して今季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したモウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドは、バーゼルを相手にロメル・ルカク、アルマン・フェライニらベルギー代表勢の活躍で3-0と勝利。
また、CSKAモスクワはポルトガル王者のベンフィカ相手に勝利。ティムール・ネッシュメディノフがチャンピオンズリーグデビュー戦でいきなり決勝ゴールを挙げる活躍を見せた。

グループBではバイエルン・ミュンヘンとパリ・サンジェルマンの2強が順当に勝利した。バイエルンはロベルト・レワンドフスキらの得点でベルギー王者のアンデルレヒトを3-0で撃破。ネイマール、エジソン・カバーニ、キリアン・ムバッペそろい踏みのパリ・サンジェルマンは、アウェーでセルティックと対戦し、こちらも6-0と大勝を収めた。ネイマール、カバーニ、ムバッペはそれぞれゴールを記録している。

グループDでは、アトレティコ・マドリードとローマが対戦。プレミア王者のチェルシーが同居しているということで、両者是が非でも勝ち点が欲しかった試合はスコアレスドローの痛み分けに終わった。一方チェルシーはアゼルバイジャンから出場のカラバフを相手にペドロ・ロドリゲス、新加入のダビド・ザッパコスタ、同じく新加入のティエムエ・バカヨコらの得点で6-0と大勝を収めた。

グループDでは2014-15シーズンのファイナルのカードがいきなり実現。ユベントスがバルセロナの本拠地カンプノウに乗り込んでの一戦。試合はアルゼンチン代表のエース、リオネル・メッシのセンス溢れる2ゴールと、クロアチア代表のイバン・ラキティッチのゴールでバルセロナが3-0と大勝を収めた。メッシは、苦手としていたブッフォン相手にようやくゴールを決めることができた。

ギリシャのオリンピアコスと、ポルトガルのスポルティングの一戦は、スポルティングがジェルソン・マルティンス、ブルーノ・フェルナンデスらの得点で3-2と打ち合いを制し、アウェーで貴重な勝ち点3を奪取している。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑