CL、W杯両方で決勝に進んだロブレン「僕は世界最高のDFだ」

2か月間で2度目の大一番を迎えるロブレン

デヤン・ロブレン明日フランスとのワールドカップ決勝戦を控えるクロアチアの不動のセンターバックデヤン・ロブレン(リバプール)。彼は、長いキャリアの中でも最高の心理状態でワールドカップファイナルのピッチに立つことになる。

現地時間11日に行われたイングランドとの準決勝で、延長戦の末エースのマリオ・マンジュキッチ(バイエルン)による値千金の決勝ゴールで同国初の決勝戦へと勝ち上がったクロアチア代表。

デヤン・ロブレンそんなクロアチアの最終ラインを統率するデヤン・ロブレンは、二か月前にはリバプールの一員としてレアル・マドリードとUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦を戦った。

このロシアワールドカップでも、赤と白のユニフォームに袖を通して決勝戦のピッチに立つことになるロブレンは、スポーツメディア『beINスポーツ』で自身の価値についてこのように言及している。

僕にとってこの上なく特別なことだ。多くの人は僕のネガティブな要素ばかり指摘したが、僕自身はそれに同意することはできないね。リバプールでチャンピオンズリーグの決勝戦に出場し、クロアチア代表としてもワールドカップファイナルの切符を手にしたんだ。僕のことを世界最高のディフェンダーの一人だと認めてほしいね

やはり常勝軍団フランスが大きく優勢となっているようだ。果たしてワールドカップトロフィーを掲げるのはどちらのチームになるだろうか…。
マッチレビューと予想をチェック! 最新のオッズ 人気のペッティングマーケット
フランス代表メンバー一覧 クロアチア代表メンバー一覧
登録してライブオッズを確認!

98年大会の最高成績を超えたクロアチア

加えてロブレンは、ここまでのクロアチア代表の勝ち上がり方についても言及。
これは忘れられないことだ。クロアチア国民は皆涙を流して喜んでいるさ。今大会は僕たちにとって歴史的な大会であり、それは永遠に語り続けることだろう

最後に、「20年前の記録(3位)を塗り替えた僕たちのことを誰も忘れるはずがない。そして今、僕たちはもっといい結果を手にするチャンスをつかもうとしているし、それが現実になると確信しているよ」と締めくくった。

1998年-フランス対クロアチア
1998年-フランス対クロアチア

フットボールにおける二大コンペティションで立て続けにファイナルまで勝ち上がったクロアチアの守備の要ロブレン。イングランド戦に続いて、フランス相手にもアップセットを起こして初優勝を飾ることができるだろうか…。

フランス対クロアチア」によるワールドカップ決勝戦は、日本時間7月16日0時キックオフ予定だ。

一切の「慢心」を排除して決勝に挑むポグバ
【フランス対クロアチア】マッチプレビュー
オッズでは圧倒的にフランスが優勢だが…

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑