6発大勝スタートを切った日本代表 久保「こんな大差で勝てるとは…」

・久保「こんな大差で勝てるとは…」
現地時間8日、U-17ワールドカップのグループステージが行われ、日本代表はホンジュラス代表相手に6-1で快勝を収め、この上ないロケットスタートを切ることになった。

右ウィングで先発起用された中村敬斗が前半だけでハットトリックを決めると、チームのエースである久保建英もゴール、アシストを決めて大勝に貢献。試合後久保は、「正直ここまでの大差をつけて勝利できるとは思っていなかった。一安心した部分もあるけど、ここで気を抜いて次の試合に挑むと痛い目を見ると思う」と語った。初戦での大量得点勝利に一定の満足感を見せつつも、はやくも次節フランス戦に向けて気持ちを切り替えていた。

中村、久保の4発により前半だけで試合の大部分を決定づけてしまった日本代表だが、とりわけ久保は縦横無尽にピッチを駆け回り、U-20ワールドカップのときのように伸び伸びとプレーしていた。
しかしながら久保自身は、「僕もうすうす感じていたんだですが、前半はややテンポが遅くて、中の入れ替わりも流動的とは言えず、相手を動かしきれていなかった」と完全に自分たちの思惑通りに試合を運べたわけではないということを主張。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

加えて、「前半に比べれば後半は良くパスが回るようになったし、得点こそ少なかったけどしっかり理想の形がつくれて、その部分はすぐに改善できてよかった」と後半のチームの出来には満足感を示した。

次戦は、ニューカドレア代表に7-1と日本同様大勝を収めたフランス代表と激突する。フランス代表も、前半でほとんど試合を決定づけ、後半に関してはほとんど余力でプレーをしながら得点を積み上げていったような格好だった。グループ首位通過を目指す日本代表にとっては、勝利、あるいは最低でもドローで試合を終えたいところ。

フランス戦について久保は、「次の試合で勝ったら首位で決勝トーナメントへ進めると思うので、初戦で勝利した物どおし次も自分たちも勝つつもりで行くし、相手ももちろんそうだと思う。自分たちは過信することなくしっかり自分たちの力を出し切りたい」と抱負を語った。久保擁する日本代表は、グループリーグの大一番で、勝ち点3を手にすることはできるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑