2位の座を射止めるのは豪州か、サウジか…今日アジア最終予選最終節

・豪州とサウジ 最後に笑うのは…
今日、ロシアワールドカップアジア最終予選の最終節がアジア各国で行われる。日本が入るグループBでは、本戦ストレートインの2位の座をオーストラリア代表とサウジアラビア代表が争う格好となっているが、この両者の試合結果に最大の注目が集まっている。

全試合日本時間0時開催のグループAとは異なり、グループBはそれぞれの試合のキックオフ時間がバラバラだ。一番初めに行われるのは、3位のオーストラリアと最下位タイの一戦で、オーストラリアホームで日本時間19時にキックオフとなっている。

ドロー以上の結果を手にすれば、サウジアラビアを上回り暫定ではあるが2位に浮上することができるオーストラリア。しかし負ければ一転して3位が濃厚となってしまう重要な一戦だ。
一方で日本対サウジアラビアの一戦は、日本時間6日2時30分キックオフとなっており、サウジアラビアは事前に行われるオーストラリア代表の試合結果を受けたうえで、自力でオーストラリアを上回るために打倒日本を狙ってくるという訳だ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・オーストラリア優勢は変わらず?
アジア予選のレギュレーションは、勝ち点同数となった場合得失点差で順位が決定する。それらえ並んだ場合は総得点が多いチームが上回る。さらにそれでも同点となった場合は、当該対戦での勝敗結果が用いられる。
サウジアラビアとオーストラリアの対戦成績は1勝1分けでオーストラリアに分があるため、このシチュエーションにおいてはオーストラリアが上位に入ることとなる。

ちなみに、今日イラク代表と対戦するUAE代表にもわずかながら3位浮上の可能性が残されているが、得失点差を考えるとこちらの可能性はあまり現実的とはいえない。やはり事実上、サウジアラビアとオーストラリアの2位争いという構図だろう。

3位となったチームは、グループAの3位チームと最後のイスをかけてプレーオフを戦うことになるが、こちらは10月5日と同10日にホームアンドアウェー方式で対戦。
この試合の勝者は、11月に北中米カリブ海予選の4位と大陸間プレーオフをかけてやはりホームアンドアウェー方式で対戦。この試合に勝利することで、はじめてワールドカップへの出場資格を得ることになる。2018ワールドカップ常連国のオーストラリアにとっては、この茨の道だけは是が非でも避けたいところだろう。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • 2018ロシアワールドカップ

    ワールドカップの歴史

    ワールドカップスタジアム