鹿島がアジア王者に!いざレアル・マドリードと再戦へ…

鹿島が悲願のACL制覇!

鹿島アントラーズ現地時間10日、アジアチャンピオンズリーグ決勝戦セカンドレグがイランのテヘランで行われ、鹿島アントラーズがペルセポリス相手に0-0のスコアレスドローを演じた。

これにより、ホームでのファーストレグをセルジーニョ、レオ・シルバの得点で勝利していた鹿島が、トータルスコア2-0でペルセポリスを下し悲願のアジア制覇を成し遂げた。

ペルセポリス対鹿島試合前プレビュー

昨日アフリカチャンピオンズリーグを制覇したエトワールサヘルが世界中のメディアに取り上げられたように、アジア王者となった鹿島アントラーズも世界各国のメディアから注目されている。

そんな中まっさきに報道したのは、スペインレアル・マドリードのお膝元メディアである「マルカ」だ。

マルカは、「カシマ、初のアジアチャンピオンズリーグ制覇」という見出しを付けて、アジアチャンピオンズリーグ決勝戦についてこのようにレポート。

「10万人が駆けつけたとされるペルセポリスの本拠地アザディ・スタジアムで、800人以上の女性サポーターが観戦することができた。国内の公式戦では入場禁止だが、これは大きな勝利の一つだ。そして優勝したカシマはクラブワールドカップ準々決勝でグアダラハラに勝利した場合、準決勝でレアル・マドリードの潜在的なライバルとなる」

鹿島VSレアル・マドリードの再現なるか…

鹿島アントラーズとレアル・マドリードといえば、2年前の日本開催のクラブワールドカップで、決勝戦で火花を散らした。

その際は、レアル・マドリードがクリスティアーノ・ロナウドのゴールなどで延長戦の末に4-2で勝利したが、なにより鹿島の日本代表MF柴崎岳(ヘタフェ)の2得点が鮮烈な印象を残した。

とはいえ、レアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウド、鹿島アントラーズは柴崎がそれぞれチームを去っているわけだが、今回のクラブワールドカップでもまた違った新しいドラマを見ることができるだろうか…。

クラブワールドカップの毎年開催は今年で最後?

ベッティングトップ10では、FIFAクラブワールドカップの注目ゲーム試合直前に最新オッズ、予想記事を更新します!

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑