香川は先発出場 ケインVSロナウド等試合結果【CL第3節1日目】

・レアルとトッテナムが突破に近づく
現地時間18日、チャンピオンズリーググループステージ第3節1日目が各地で行われ、日本代表の香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはアウェーでアポエルと対戦した。また、リバプールが7発圧勝、マンチェスター・シティがナポリに勝利する等プレミア勢が躍動した。

まずはグループH。リーグ戦で出番のなかった香川はアポエル戦でクリスティアン・プリシッチやマリオ・ゲッツェ等とともに先発出場。
試合は守護神ロマン・ピュルキのパスミスを見逃さなかったマイケル・ポテが得点を奪いホームのアポエルが先制。その後ソクラティス・パパスタソプーロスがセットプレーからヘディングでゴールを決め同点に追いつくも、連敗スタートのドルトムントにとって格下相手に痛すぎるドローとなった。尚、香川はクロスバーを叩くシュート、プリシッチへのピンポイントクロス等で存在感を放ち、フル出場を果たした。

共に連勝スタートを切ったレアル・マドリードとトッテナム・ホットスパーの一戦は、ホームのレアル・マドリードがラファエル・ヴァランのオウンゴールにより相手に得点を献上してしまうも、その後クリスティアーノ・ロナウドがペナルティキックを決めて1-1とした。両者勝ち点7とし、共にグループ勝抜けに大きく前進している。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

グループEではリバプールがコウチーニョ、オックスレイド・チェンバレン、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー等の得点により7-0でマリボルに圧勝。スパルタク・モスクワと並び勝ち点5とした。

グループFではセリエAで全勝中のナポリとマンチェスター・シティが対戦。イブラヒム・スターリング、ガブリエル・ジェズスが開始早々に立て続けにゴールネットを揺らしたホームのシティが、ナポリ相手に2-1で勝利し3連勝とした。ナポリはアマドウ・ディアワラの得点で追い上げるもアウェーで貴重な勝ち点を奪うには至らなかった。

グループGではチャンピオンズリーグ初出場のライプツィヒがエミル・フォルスベルグ、ジャン・ケヴィン・アウグスティン等の得点によりポルトを3-2で退け、記念すべき大会初勝利を飾っている。前回4強入りのモナコはトルコ王者のベジュクタシュと激突。モナコはラダメル・ファルカオの得点で先制するも、その後チェンク・トスンに2発浴び逆転負けを喫しまさかの最下位転落となった。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑