香川はベンチ浅野スタメン! ブンデスリーガ開幕で日本人が続々登場

・注目の香川はベンチスタート
日本時間22時30分、ブンデスリーガ第一節が行われるが、今日は複数人の日本人選手が登場する。まず、最も注目度の高いボルシア・ドルトムントに所属する日本代表の香川真司だが、ヴォルフスブルクとの開幕戦はベンチスタートとなっているようだ。

先日のカップ戦で約2か月ぶりとなる復帰を果たした香川だが、2017-18シーズンの船出はベンチからのスタートとなった。スタメンには、エースでガボン代表のピエール・オバメヤン、トルコ代表のヌリ・シャヒン、アメリカ代表で10番を背負う快速ウインガークリスチャン・プリシッチ、その他ゴンサロ・カストロ、マキシミリアン・フィリップ、そして今シーズン復活を目指すマリオ・ゲッツェといった選手が名を連ねた。

果たして後半以降香川の出番は回ってくるのだろうか。試合は今キックオフしたばかりだ。
尚、バルセロナ行きが噂されているフランス代表のウスマン・デンベレやトルコ代表のエムレ・モル、ドイツ代表のマルコ・ロイスは招集メンバーから外れている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・武藤、浅野が先発!
その他、ハンブルガーSV対アウクスブルクの日本人対決では、キャプテンを務める酒井高徳がベンチスタート、宇佐美貴史はベンチ外となっている他、もう一つの日本人対決シュツットガルト対ヘルタ・ベルリンは、浅野拓磨が先発メンバーに名を連ね、原口元気はベンチスタートとなった。
ヘルタは、原口のポジションに今夏インゴルシュタットから獲得したオーストラリア代表のマシュー・レッキーを先発に起用している。

マインツVSハノーファーでは、日本代表メンバー入りを目指す武藤嘉紀が先発出場している。

昨日のバイエルン・ミュンヘン対レバークーゼンの一戦で幕を開けた今季のブンデスリーガ、開幕節2日目から日本人選手が多数登場しているが、開幕先発を射止めたのは意外にも酒井や原口ではなく、浅野、武藤だった。果たしてこの後ベンチ組の出場はあるのだろうか。

第一節最終日となる明日には鎌田大地、長谷部誠が所属するフランクフルト、大迫勇也が所属するケルンが登場する。負傷中の大迫はメンバー外となっているが、フランクフルトの鎌田は新天地での開幕スタメンを勝ち取ることができるのか注目だ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑