香川はベンチ予想 ドルトムントがヘルタ・ベルリン戦の予想スタメン発表

・ドルトムント香川はベンチ予想
今日26日、ブンデスリーガ第二節が行われるが、中でも日本代表香川真司所属のボルシア・ドルトムント対原口元気が所属するヘルタ・ベルリンの一戦が注目マッチとなっている。

ドルトムントが、キックオフに先駆けて予想先発メンバーを公式サイトで発表。
予想スタメンは以下の通り。

●GK
ロマン・ビュルキ

●DF
ソクラティス・パパスタソプーロス
マルク・バルトラ
ダン・アクセル・ザガドゥ
ウカシュ・ピシュチェク

●MF
ヌリ・シャヒン
マリオ・ゲッツェ
ゴンサロ・カストロ

●FW
クリスティアン・プリシッチ
マクシミリアン・フィリップ
ピエール・エメリク・オーバメヤン

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

予想スタメンの中には香川真司の名前はない。それもそのはず、開幕節のヴォルフスブルク戦は、アメリカ代表で10番を背負うクリスチャン・プリシッチや、ガボン代表のピエール・エメリク・オーバメヤン、元ドイツ代表のマリオ・ゲッツェ等を擁して3-0と快勝を収めているてまえ、指揮官のペーター・ボスも、そう簡単にはポジションを変えることはしないだろう。

前節は終盤の5分のみの出場となった香川だが、果たして今回はより多くの出場時間が与えられるのかどうか。オーストラリア戦に向けても、今日の試合でなるべく長い時間プレーをしコンディション面をチェックしておきたいところだろう。
ヘルタ・ベルリンの原口は、前節ベンチスタートとなったが途中出場でチャンスを得ている。移籍騒動の渦中にある彼だが、今節はどのような使われ方をするのだろうか。

その他の試合に目を向けると、開幕節で日本代表の長谷部誠と鎌田大地が揃って先発出場したアイントラハト・フランクフルトは、前節ドルトムントに大敗を喫したヴォルフスブルクと対戦する。
また、シュツットガルト浅野とマインツ武藤による日本代表対決にも注目だ。アウクスブルクに所属する宇佐美貴史は、ボルシア・メンヘングラードバッハと対戦するが、宇佐美は今節こそメンバー入りすることができるだろうか。

尚、大迫勇也が所属するケルンは25日に試合を終え、酒井高徳が所属するハンブルガーSV相手に1-3と敗れた。この試合大迫はスタメンで戦列復帰を果たすと、90分間フル出場した。一方の酒井は開幕節に続いてベンチとなっている。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑