韓国対メキシコ【予想とオッズ】

韓国対メキシコ
韓国 vs メキシコ
1-2
韓国対メキシコ結果】またもメキシコの速攻カウンターが火を噴く
6月24日・0:00(日本時間)
ロストフ・ナ・ドヌ
次の試合 ►
韓国韓国 vs ドイツドイツ メキシコメキシコ vs スウェーデンスウェーデン
ドイツドイツ 2-1 スウェーデンスウェーデン 韓国韓国 1-2 メキシコメキシコ
グループF

グループF

チーム
スウェーデン
スウェーデン
201+36
メキシコ
メキシコ
201-16
韓国
韓国
10203
ドイツ
ドイツ
102-23

ドイツを破ったメキシコが大きく優勢となっているようだが、果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?
マッチレビューと予想をチェック! 最新のオッズ
韓国代表メンバー一覧 メキシコ代表メンバー一覧

マッチレビューと予想をチェック!

ソン・フンミングループFの第二節「韓国×メキシコ」。
このゲームの勝者は?

韓国 韓国に賭けたい メキシコに賭けたい メキシコ

前回大会覇者ドイツに、イタリアを下して突破してきたスウェーデン、さらには6大会連続ベスト16のメキシコと、強豪国が揃ったグループFで、最もグループリーグ突破が困難とされている「アジアの虎」韓国。

戦術的な面、対格差等ほとんど大差のないメキシコとの第二戦、あくまでこの3試合の中では、彼らにとって最もファイティングポーズを取りやすい試合になるのではないだろうか。

(追記:韓国初戦0-1敗戦)

前回大会までは、持ち前の熱いハートと豊富なスタミナを武器にガツガツと相手に立ち向かっていくスタイルが彼らのチームカラーだった。

しかしながら、近年は中盤でパスを繋ぎながら敵陣に攻め込む「ポゼッション型」の戦術にシフトしている韓国。スウェーデン戦ではこれがある程度通用するかもしれないが、メキシコ戦は非常に困難なものになるだろ。

何故なら、メキシコはそうしたポゼッション型の戦術を何より得意としており、過去のワールドカップで既に実績を残しているからだ。

韓国は、ジオバンニ・ドス・サントス、ジョナタン・ドス・サントス(共にロサンゼルス・ギャラクシー)、エクトル・エレーラ(ポルト)等の巧みなパスサッカーのスピードについていくことができるか。

今季プレミアリーグで二桁ゴールをマークしたソン・フンミン(トッテナム)の一撃に期待がかかる…。

(追記:メキシコ初戦1-0勝利。スウェーデンに敗れて後がない韓国と、王者ドイツを破る番狂わせを起こしたメキシコ。唯でさえ力が劣る韓国は、今大会最も勢いに乗っている北米の雄に苦戦を強いられることは間違いない。最終節ドイツ戦に僅かでも希望を残すためには、最低でも勝点1を奪わなければならない)

韓国 韓国に賭けたい メキシコに賭けたい メキシコ

そんな「韓国代表対メキシコ代表」の一戦は、日本時間24日0時キックオフ予定だ。

韓国対メキシコ2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とベット365(bet365)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

ドイツを破ったメキシコが大きく優勢となっているようだが、果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?

bet365 ウィリアムヒル
1 引き分け 2 1 引き分け 2
5.75
韓国
3.75 1.70
メキシコ
5.80
韓国
3.60 1.67
メキシコ
賭けたい 賭けたい

※(1が韓国、2がメキシコ
(6月22日を更新しました)

韓国代表メンバー一覧

韓国▼ GK
キム・スンギュ(神戸)
キム・ジンヒョン(C大阪)
チョ・ヒョンウ(大邱FC)

▼ DF
オ・バンソク(済州ユナイテッド)
金民友(尚州尚武)
キム・ヨングォン(広州恒大)
パク・チュホ(蔚山現代)
ユン・ヨンソン(城南FC)
コ・ヨハン(FCソウル)
イ・ヨン(全北現代)
チャン・ヒョンス(FC東京)
鄭昇炫(鳥栖)
ホン・チョル(尚州尚武)

▼ MF
キ・ソンヨン(スウォンジー)
ムン・ソンミン(仁川ユナイテッド)
イ・スンウ(ベローナ)
イ・ジェソン(全北現代)
ク・ジャチョル(アウクスブルク)
チョン・ウヨン(神戸)
チュ・セジョン(牙山ムグンファ)

▼ FW
キム・シンウク(全北現代)
ソン・フンミン(トッテナム)
ファン・フィチャン(ザルツブルク)

ブックメーカーのオッズは…?

メキシコ代表メンバー一覧

メキシコ▼ GK
ヘスス・コロナ(クルス・アスル)
アルフレード・タラベラ(トルーカ)
ギジェルモ・オチョア(スタンダール・リエージュ/ベルギー)

▼ DF
ウーゴ・アジャラ(UANLティグレス)
カルロス・サルセド(フランクフルト/ドイツ)
ディエゴ・レジェス(ポルト/ポルトガル)
ミゲル・ラジュン(セビージャ/スペイン)
エクトル・モレノ(レアル・ソシエダ/スペイン)
エドソン・アルバレス(クラブ・アメリカ)

▼ MF
ラファエル・マルケス(アトラス)
ジョナタン・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)
エクトル・エレーラ(ポルト/ポルトガル)
アンドレス・グアルダード(ベティス/スペイン)
ハビエル・アキーノ(UANLティグレス)
マルコ・ファビアン(フランクフルト/ドイツ)
ヘスス・ガジャルド(モンテレイ)

▼ FW
ジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)
カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC/アメリカ)
ハビエル・エルナンデス(ウェストハム/イングランド)
ラウール・ヒメネス(ベンフィカ/ポルトガル)
ヘスス・マヌエル・コロナ(ポルト/ポルトガル)
オリベ・ペラルタ(クラブ・アメリカ)
イルビング・ロサノ(PSV/オランダ)

ブックメーカーのオッズは…?

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑