韓国、ウズベキスタン、シリア三つ巴のグループA 最後に笑うのは果たして…

・韓国、ウズベキスタン、シリアの熾烈な争い
明日、いよいよオーストラリアとワールドカップ出場をかけた大一番を戦う日本代表だが、もう一方のグループも最後のロシア行きの切符をかけた激しい争いが繰り広げられる。

混沌としているのは、日本が所属するグループBだけではない。グループAの状況を見てみると、まず首位のイランが無敗を誇っており、すでに勝ち点20で本大会への出場権を得ている。それに続くのが、勝ち点13の韓国、そして勝ち点12のウズベキスタン、勝ち点9のシリアとなっている。ワールドカップ出場圏内の2位以内に入るために、この3カ国が残り2試合で鎬を削り合うこととなるわけだ。

一見すると、現状勝ち点で上回る韓国が有利なのように見えるが、実はそうでもない。韓国は、残り2戦で首位イランと3位ウズベキスタンと戦う必要がある。一方のウズベキスタンは、勝ち点3が十分に計算できる中国戦を残している。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・韓国がイラン戦で是が非でも勝利したい理由
31日の試合で韓国がワールドカップへの出場権を得るための条件は非常に厳しい。未だ無敗無失点で首位を堅持するイランを相手に勝利しなければならない。さらに、同日行われるウズベキスタン対中国の試合でウズベキスタンが敗れなければならない。
もし韓国とイランの試合がドローとなり、ウズベキスタンが中国に順当勝ちすれば、最終節の直接対決を目前に両者の順位が入れ替わることとなる。

こうなると、最終節ドローでも2位を死守することができるホームのウズベキスタンは俄然勢いに乗ってしまう。こうした状況は韓国代表にとってはまさに最悪のケースになるが、非常に現実的な展開で、十分にあり得る状況だ。

また、現在4位につけるシリアの2位浮上もあり得る。韓国が残り2試合で1勝もできず、かつウズベキスタンも2試合で1勝以下となった場合において、下位カタールに勝利すればシリアに突破のチャンスが回ってくる。

また、3位プレーオフ争いに目を向けると、5位カタール、最下位中国の両チームにまだ3位浮上の可能性が残されているため、イラン以外の韓国、ウズベキスタン、シリア、カタール、中国の5チームがワールドカップ出場のチャンスを狙う混沌とした状況だ。

はたして最後に笑うのは韓国か、ウズベキスタンか、はたまたシリアか…。ロシア行きの切符をかけた熾烈な争いに注目が集まる。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • 2018ロシアワールドカップ

    ワールドカップの歴史

    ワールドカップスタジアム