際立つフランス代表の層の厚さ 「落選組」でもW杯優勝狙える…?

フランス代表の層の厚さは異常?

レ・ブルー現地時間17日に、フランスサッカー協会がロシアワールドカップへ挑むフランス代表メンバー23名を発表したが、イギリスメディア「デイリー・メール」は、そんなレ・ブルーの「落選組」にスポットを当てて興味深い特集を掲載している。

フランス代表

ロシアワールドカップへ向けたフランス代表最終メンバーとして、アトレティコ・マドリードでヨーロッパリーグ制覇に貢献したアントワーヌ・グリーズマンをはじめ、オリンピック・マルセイユで今季大ブレイクしたフロリアン・トヴァン、レアル・マドリードに所属する守備の要ラファエル・ヴァランといったスターたちが選ばれた。

一方で、残念ながら23人の最終枠に食い込めなかった選手たちを見てみると、選出組に負けず劣らずの豪華絢爛な面子が顔をそろえるのだ。

ヨーロッパリーグ決勝戦で負傷退場したマルセイユのディミトリ・パイェをはじめ、マンチェスター・ユナイテッドに所属するアントニー・マルシャル、レアル・マドリードのカリム・ベンゼマ、一時期レ・ブルーで10番を背負っていたアーセナルに所属するアレクサンドル・ラカゼット等が落選組に回っている。

その他、バイエルン・ミュンヘンのウィンガーキングスレイ・コマンやパリ・サンジェルマンに所属するアドリアン・ラビオ、マンチェスター・シティのDFアイメリク・ラポルテ等、もう名前を挙げだしたらきりがない…。

「落選組イレブン」でも400億円越えの価値?

なんでも、「デイリー・メール」が紹介している「フランス代表落選組イレブン」の移籍金合計が総計2億8000万ポンド(約417億円)に上るそうだ。

ちなみに、このイレブンの中には、バイエルン・ミュンヘンのフランク・リベリーや、アーセナルのローラン・コシエルニーといった選手は含まれていない。

前回大会に比べてより一層、層の厚さが増したレ・ブルー。大舞台でのプレーが叶わなかったスーパースターたちのためにも、なんとか栄冠を手にしたいところだろう。
これだけの面子をそろえてワールドカップを手にすることができなければ、監督やチームに対してのバッシングも相当大きなものになるに違いない…?

ワールドカップロゴ► 優勝国予想のオッズ ◄ ワールドカップ得点王予想オッズ W杯全出場国徹底分析
グループステージ日程 決勝トーナメント日程

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑