ブックメーカーを利用し日本のプロ野球にベットする方法を徹底解説!

プロ野球
日本では不可能である野球賭博も、ブックメーカーを利用すれば可能となります!
野球にベッティング ↓

日本プロ野球の魅力

日本プロ野球の魅力

国内には様々なプロスポーツがありますが、その中でもプロ野球は人口も多く最も発展してきたスポーツであると言っても過言ではないでしょう。
昨今では「視聴率の低迷」などが理由で不人気というイメージもありますが、それでもスタジアムを一杯にするほどの人気を現在も誇っているのが日本プロ野球です。
ここでは、そんな日本プロ野球の魅力をご紹介していきます。

『日本プロ野球の魅力』

  1. ① 簡単に観戦ができる
    低視聴率だといわれているプロ野球ですが、まだまだテレビで見にする機会は多く、いつでも観戦する事が可能です。
    また、スタジアムも全国にあるため、生で臨場感溢れる試合を観戦することも簡単にできます。
    チケット代が比較的リーズナブルである点も嬉しいメリットでしょう。
  2. ② 日本のプロ野球はハイレベル!
    先進国である日本ですが、多くのスポーツはアメリカやヨーロッパ諸国などと比較するとまだまだレベルが低い事が多いです。
    しかし、野球に関しては世界と比較してもその強さは遜色ないといえます。
    事実、野球の世界一を決定するWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では優勝した経験もあります。
    そのようなハイレベルな野球を日本ではいつでも観戦できるのです。
  3. ③ 様々なポジションで観戦可能
    スタジアムやドームで野球を観戦する場合「内野スタンド」や「外野スタンド」など、様々なポジションで観戦する選択肢があります。
    自分が好きな位置で試合を観戦する事が可能です。

日本ではご法度の野球賭博

野球賭博といえば、ブラックなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

近年で言えば、現役の大相撲力士が野球賭博に関与していた疑いが取り上げられた「大相撲野球賭博問題」や、巨人の福田聡志投手が野球賭博に関与した疑いがあるとして謹慎処分を受けた時例もあります。

日本では憲法で「第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」と定められているので、基本的にギャンブルは禁止されているのです。

また、サッカーの「toto」のようなものもないため、日本のプロ野球の勝敗にお金を賭けるのは実際には不可能のように感じます。
しかし、実はそうではなく、日本にいても合法的に野球の試合に賭ける方法はあるのです。

ブックメーカーを利用しプロ野球の試合にベットしよう!

ブックメーカーを利用しプロ野球の試合にベットしよう!
(画像出典:ウィリアムヒル【William Hill】)

『ブックメーカー』を利用すれば、日本にいてもプロ野球の試合にお金を賭けながら観戦する事が可能となります。

ブックメーカーは海外の運営ライセンスを取得し、世界中のスポーツを賭けの対象とし、顧客にその場を提供しています。

インターネット上で決済するため、日本にいても簡単に好きなスポーツにベットできるのです。

また、その対象スポーツの中には日本プロ野球のほか、Jリーグなど日本に携わる多くのスポーツが含まれています。

自分の応援しているチームにお金を賭ければ、いつもより何倍も手に汗を握りながら試合観戦ができるのでおすすめです。

ブックメーカーの違法性

日本では禁止されている野球賭博。では、ブックメーカーを利用することにより、それは可能となるのか。

結論から言えば、違法性はありません。

前述の通り、ブックメーカーは海外の運営ライセンスを取得した上で経営を行っています。

また、本拠地がそのライセンスを取得した土地にあるため、ブックメーカー上の賭けに適用されるルールはその地のものとなるのです。

日本では違法かもしれませんが、海外の多くはギャンブルを合法としています。

そのため、仮に日本人がブックメーカーを通じてプロ野球の試合に賭けたとしても、違法とはならないのです。

実際にベットしてみよう!

ここでは、プロ野球にベットする方法を簡潔にご紹介していきます。

まずは、お好きなブックメーカーにアカウント登録を行いましょう。完全日本語対応のブックメーカーがおすすめです。

次に、ベット項目の中から「NPB(日本プロ野球)」を選択します。最後に、各オッズを確認してから好きな試合にベットしていきましょう!

新規アカウント登録を行ってから実際にベットするまでに、おおよそ15分もあれば全てが完了します。

特に、最近では日本人向けのサービスを強化しているブックメーカーも多いため、初心者でも安心して利用する事が可能です。

まずは、アカウントの登録からはじめてみませんか?


Comments are closed.


Back to Top ↑