英紙が吉田をべた褒め「リバプールから声がかかってもおかしくない」

・英紙が吉田をべた褒め
相変わらず守備が安定しているサウサンプトンは、今シーズンのプレミアリーグにおいて失点数で5位タイという堅守を誇っている。

そのサウサンプトンでセンターバックとしてレギュラーの地位を確固たるものにしているのが日本代表の吉田麻也だ。イギリスメディアは、名門リバプールが吉田獲得に動き出すとしても何ら驚きではないと伝えているようだ。

イギリスサッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、これまでプレミアリーグで名をはせたアジア人10選という特集を組んだ。

そこには、かつてマンチェスター・ユナイテッドで欧州チャンピオンズリーグの決勝のピッチにも立った元韓国代表のパク・チソンや、同じく元マンチェスター・ユナイテッドで現ドルトムント所属の日本代表香川真司、トッテナム・ホットスパー所属の韓国代表ソン・フンミン、レスター・シティでリーグ優勝を経験した日本代表の岡崎慎司等とともに、サウサンプトンの吉田がディフェンダーとして唯一選出されたのだ。

同記事では吉田に対して、「ヨシダはディフェンダーとしてたった一人このリストに入った。これまでのプレミアリーグでの貢献度を強調するものだ。移籍直後こそ不安定な時期を過ごしたが、今や彼のセンターバックにおける多様性はサウサンプトンにとって欠かせないものだ。セットプレーでの得点力も彼の大きな武器となっている。」と攻守両面での働きを評価。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

オランダリーグVVVフェンロから移籍して間もなくは「不安定だった」とされながらも、ここ数年の活躍に太鼓判を押している。

さらには、「いまのリバプールのディフェンスの不安定な状況を考えれば、リバプールがヨシダの獲得に興味を示すとしてもなんらおかしなことではない」と付け加えた。リバプールは、もともと吉田のライバルだったオランダ代表のフィルジル・ファン・ダイクの獲得を熱望していたこともあるが、今となっては当時不動のセンターバックだったファン・ダイクをも凌ぐポテンシャルを発揮している吉田。

名門リバプール、名将ユルゲン・クロップから実際に声がかかるとすれば、この上なく名誉なことだろうが、日本人ファンとしてはあの赤いユニフォームに身をまとう日本人が見られるとすればそんなに大きな喜びはない。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑