自身初のビッグイヤー獲得に燃えるレバンドフスキ

最大のライバルはマンチェスター・シティ?

レバンドフスキドイツブンデスリーガ王者、バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、現在ブンデスリーガで得点ランキング首位を独走している。

そんな今となっては世界指折りのストライカーに成長したポーランドのスターだが、実はまだビッグイヤー(チャンピオンズリーグタイトル)を獲得したことが無い。ドイツメディア「キッカー」は今回、そんなレバンドフスキのビッグイヤーに対する並々ならぬ熱い思いを特集した。

レバンドフスキは、インタビューの冒頭で「前提として、僕は参加しているすべてのタイトルを獲得したいと思っている。バイエルン・ミュンヘンがチャンピオンズリーグを制覇することになっても、それは決して不思議ではない」と語り、バイエルンの2012/2013シーズン以来の欧州制覇に向けて自信をうかがわせた。

〉〉2/20(火)バイエルン・ミュンヘン対ベジクタシュ【CL予測とオッズ】〈〈

加えてレバンドフスキは、チャンピオンズリーグの優勝候補チームについて問われると、まっさきにマンチェスター・シティの名前を挙げた。それに続いて、バルセロナ、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンが争うことになるだろうとしている。

現地時間20日、バイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグで、グループステージを首位で通過したトルコ王者のベジュクタシュと対戦するが、欧州制覇に向けてまず大きな第一関門となる。

来夏のレアル行きが噂されるが…

ブンデスリーガ5連覇と圧倒的な強さを誇るバイエルンが、下馬評では圧倒的に有利となっているが、果たして無事勝利してベスト8へ駒を進めることができるだろうか。

最後にレバンドフスキは、噂されている来夏のレアル・マドリード移籍報道について問われると、「今もしそのことを考えていたら、目の前のやるべきことに集中できないだろう。自分は今バイエルンの選手であり、このチームで全力を尽くすまでだ」と一蹴した。

先日スペインメディア「マルカ」では、レバンドフスキがレアル・マドリードへの移籍を希望していると報じられていたが、ロシアワールドカップ後のこのビッグディールにも注目が集まる。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑