絶対的王者を苦しめたナポリ 来季に向けて願ってもない「補強」に成功?

ナポリがアンチェロッティ招聘!

アンチェロッティ現地時間23日、セリエAナポリは新指揮官としてカルロ・アンチェロッティを2021年6月30日までの契約で招聘したことを発表した。

今シーズン、王者ユベントスとデッドヒートを繰り広げてセリエAを盛り上げたナポリ。惜しくもスクデット獲得とはいかなかったが、クラブレコードとなる勝ち点数「91」を積み上げる等、最後まで絶対的王者に圧力を与え続けた。

そしてこの度、そんなナポリの指揮官が交代することとなった。2015-16シーズンから指揮を執っていたマウリツィオ・サッリに代わって、これまでヨーロッパで数々のタイトルを総なめしてきたカルロ・アンチェロッティが新指揮官として就任。

現地時間22日付のイタリアメディア『メディアセット』の報道によると、サッリの元にはかねてから複数のクラブからオファーが届いていたが、最終節が終了した時点でも去就がはっきりしないということで、しびれを切らしたナポリ会長アウレリオ・デ・ラウレンティスがすぐさま後任監督を決定してしまったようだ。

スタメンとベンチの差を縮められるか…?

そこで今回白羽の矢が立ったのが、丁度フリーとなっていたカルロ・アンチェロッティというわけだ。
アンチェロッティは、これまでレアル・マドリード、ACミランといったビッグクラブを指揮し、チャンピオンズリーグを3度制覇

その他、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アン、プレミアリーグといったあらゆるリーグでリーグ優勝を経験している名将だ。

世界TOP5に入るといっても過言ではない実績の持ち主であるアンチェロッティを招聘することに成功したナポリ。悲願のセリエA制覇に向けてまずはこの上ない「補強」に成功した。久々の母国復帰となったアンチェロッティの采配に注目が集まる。

ナポリのサッカーとアンチェロッティ采配の波長が合うかどうかは、実際にシーズンが始まってみなければわからないが、ガッチリはまれば再びユベントスを脅かす存在になることは間違いない。
主力メンバーとサブメンバーのパワーバランスが激しく、レギュラーはかなり固定されているイメージのナポリだが、このスタメンとベンチとの差を縮めることができるかどうかも一つ見どころだ。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑