米メディアが日本戦のあのゴールを大会ベストゴールに選出

日本戦で生まれたゴールが1位に

シャドリ一か月間世界中を熱狂させたロシアワールドカップは、フランスの20年ぶり2度目の優勝で幕を下ろした。
そんな中、アメリカメディア「CBS」が「今大会のベストゴール5選」を発表しており、日本戦で生まれたあのゴールをランク1位に選出している。

ベルギー日本
3-2

全64試合で生まれたゴール数は、169得点。これまでの最多記録である1998年フランス大会と、前回ブラジル大会の171ゴールに迫るゴールラッシュとなったロシア大会。

そんな総得点の中からアメリカメディア「CBS」が栄えある1位に選出したのは、決勝トーナメント一回戦ベルギー対日本の一戦で、後半アディショナルタイムに超速攻カウンターから生まれたナセル・シャドリ(トッテナム)による一撃だった。

この得点について「CBS」は、「ナセル・シャドリの得点ではなく、ベルギー代表チームによる得点」と前置きしたうえで、このように評価。

「このベルギー代表の得点は、チームワーク、ビルドアップ、タイミング、そして決定力といったあらゆる要素がハイレベルだった。ピッチ上での連携はもちろん、選手個々のクオリティの素晴らしさが集約されたゴールといって良い。一見の価値があるチームゴールだった」

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

ルカクのスルーがなければ…

日本のコーナーキックから、ゴールキーパーのティポ・クルトワ(チェルシー)がボールをキャッチしたことから生まれた速攻カウンター。

ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)とつながれたボールは、最後にフリーとなっていたシャドリの元へ転がり、シャドリはこのボールを合わせるだけだった。

このカウンターの象徴的シーンは、エースストライカーのロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)がシュートを我慢してシャドリへスルーしたシーン。このエースの柔軟な判断がなければ、この得点が生まれていたかどうかはわからない。

「CBS」は、「この決勝点は天下一品で完璧な仕上がりだった。ベルギー代表が見せた必殺カウンターは最高のものだった。まさに2018年ロシアワールドカップのベストゴールだ」と称賛した。
尚、イギリスメディア「BBC」もこのゴールを大会ベストゴールに選出している。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑