柴崎岳がリーガ2部第40節のMVPに!苦悩を乗り越えた若武者に地元紙も賛辞

・バースデーゴール+今節MVP
リーガ・エスパニョーラ2部第40節アルコルコン戦で、移籍後初ゴールを記録した柴崎岳。25歳の誕生日を試合当日に迎え、初ゴールがバースデイゴールとなる嬉しい「おまけつき」。さらには、この日2ゴールに絡んで勝利の立役者となった柴崎は、リーガ公式サイトの今節MVPにも選出されている。

アルコルコン戦でロサーノの先制ゴールの起点となるパスを出し、30分にはティロネからのパスを受け逆利きの左足でニアを突いて得点を奪った柴崎。この前半のうちの2得点がチームに勢いを与え、3-1でテネリフェが勝利。2得点に関与したということで、リーガ2部の公式サイトのMVP候補に選ばれ、得票率45%で今節のMVPに輝いた。

スペイン誌のエルドルサルも柴崎についてこのように評価している。
「テネリフェの航海スピードを上げているのは間違いなくガクシバサキだ。テネリフェに加入して以来、昇格に向けて大事な試合が続いている中で、クレッシェンドを継続している。リーガの公式サイトで彼は今節の最優秀選手に選ばれた。今回試合を決定づける活躍をしたが、これは全国レベルでみても非常に高い評価に値する。」と取り上げている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ようやく目に見える結果を出した柴崎
移籍後レギュラーの座を射止めていた柴崎だったが、ここまでなかなか「目に見える結果」を残せずにいた。そこで、一部昇格のかかった大事な試合でようやく結果を残した柴崎。本人はホッとしていることでしょう。移籍当初は、なかなかチームに溶け込むことができず、練習に参加することはおろか、チームのホテルの部屋から出ることさえままならないという報道もありました。そうした苦悩の時期が長く続き、この先柴崎選手のスペイン挑戦はどうなるのかと心配でしたが、見事に結果を出してくれました。
今後もコンスタントに結果を残し、なんとか一部に昇格してほしいところです。チームを一部へ牽引することで、また代表も見えてくるのではないでしょうか。一部でエイバルの乾選手との日本人対決なんかもぜひ見てみたいですね。

さて、柴崎有するテネリフェは次節、鈴木大輔が所属するタラゴナと対戦。スペインでの日本人対決はこれが史上初となるので、日本にとって歴史的な一戦になります。ぜひとも両選手がスタメンで試合に出てマッチアップしてほしいところ。引き続き昇格プレーオフ出場権を争うデッドヒートが続くリーガ二部ですが、テネリフェにとって好調を維持する柴崎が一番の頼りになることでしょう。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑