柴崎が値千金の決勝ゴール!テネリフェが逆転で昇格プレーオフ決勝へ進出

・柴崎の決勝ゴールでテネリフェが決勝へ
18日、リーガ1部昇格プレーオフ準決勝第二戦が行われ、柴崎岳所属のテネリフェがカディスと対戦。ファーストレグを0-1で落としてたテネリフェだが、この日柴崎が2試合合計1-1となる貴重な同点ゴールを奪い、カディスをかわしてプレーオフ決勝へ進出した。

ボランチでフル出場したファーストレグとは異なり、この日は左サイドのアタッカーとして先発に名を連ねた柴崎。すると前半33分、右サイドを突破したスソのグラウンダーのクロスを右足で冷静にゴールへ決めて、チーム待望の同点ゴールを記録する。
テネリフェ移籍後2点目となる今日の得点は、リーガエスパニョーラ昇格へ向けてあまりにも貴重なゴールとなった。得点後は派手に喜ぶことはなく、いつも通りこぶしを握り締めてガッツポーズ。そんな柴崎のもとに、チームメートたちが抱きついて喜びを分かち合った。

リーグ戦の順位でカディスを上回っていたテネリフェは、トータルスコアがイーブンならファイナルへ勝ち進むことができるとあって、柴崎のゴール以降は守備に重点をおき、あわよくばカウンターで一発といったわかりやすい戦術にシフト。延長戦では相手に立て続けにゴールを脅かされるも、なんとか虎の子の一点を死守してテネリフェが決勝戦へ駒を進めた。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・すでに決勝戦へ切り替えている柴崎
この日、スーパーセーブでチームの危機を幾度となく救ったゴールキーパーのダニー・エルナンデスと同様、決勝ゴールを挙げた柴崎にも賛辞が送られている。サポーターから、「ガク!ガク!」と湛えられた柴崎は、試合後喜びをかみしめた。

「僕自身今日のゲームには非常に満足しているが、重要なのは次の決勝戦で勝利すること。そもそも、我々はスコア上では勝利をしていない。ルールによって決勝へ進めた格好だ。サポーターの皆には非常に感謝している。ゴールシーンについては、多くの選手がエリア内に入っていくのが見えたんだ。自分はそこで飛び込まずに、ファーサイドにいてボールが転がってくるのを待っていた」と試合を振り返った。

冷静な判断力が今日のゴールを生んだと口にした柴崎。次節、決勝戦のヘタフェに勝利すれば念願のリーガエスパニョーラ昇格だ。昇格へ最後の切符をかけたラストマッチのファーストレグは、中2日の現地時間21日にテネリフェのホーム、エリオドーソで行われる。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑