本田は肉離れだった!?実戦復帰までさらに2~3週間要すると地元メディアが報道

・本田は右足肉離れを起こしていた
今夏契約満了となったACミランから、メキシコノパチューカへ移籍した日本代表の本田圭佑だが、未だパチューカでメンバー外の日々が続いている。

リーグ戦3戦目となる試合も欠場した本田だが、メキシコのメディア『エスト』の報道によると、どうやら週明けから全体練習に復帰できる見込みのようだ。
ただ、チームスタッフによると、全体練習に参加できるようになるには少なくとも2~3週間の時間を要するとしている。

8月31日にロシアワールドカップへの出場権をかけた大一番オーストラリア戦を控える日本代表にとっては、大きな不安を抱える状況となっている。
はたしてこれでも指揮官のヴァヒド・ハリルホジッチは本田圭佑を招集するのだろうか?

また、同メディアの報道によると、本田は右足の肉離れで戦列を離れていた模様で、現在はリハビリの最終段階に入っており、来週の月曜日から晴れてパチューカメンバーの輪に入ってチーム練習に合流する運びとなるそうだ。
エストは、「ホンダは、デュソス(ホリネズミを意味するチームの愛称)でのデビューマッチ出場に向けて、既にカウントダウンに入っていると報じている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・実戦復帰までにさらに2~3週間かかる?
パチューカのチームドクターであるフェルナンド・マルケスは、「ホンダはプレーがしたくてしたくてウズウズしている様子だよ。ただ、再発のリスクだけは避けなければいけない」と実戦復帰には慎重な姿勢だ。メディカルスタッフも、右足の肉離れに加えて左足の古傷にも触れ、試合でのメンバー入りまでには少なくとも2~3週間要するとしている。

ロシアワールドカップへの出場が危ぶまれている日本代表は、8月31日に埼玉スタジアム2002でグループ3位のオーストラリアと、最終節9月5日には2位のサウジアラビアとアウェーで対峙する。今予選最大の山場となる上位陣との2連戦を控える日本代表だが、注目のメンバー発表は今月24日に行われる予定だ。

24日までに実戦復帰できるかどうかは非常にきわどいところで、仮に22日のリーグ戦に出場できた場合でも、長期離脱でコンディションが整わない中での合流となる。その他、ドルトムントの香川真司や、サウサンプトンの吉田麻也、ケルンの大迫勇也といった各ポジションの大黒柱が負傷離脱中だ。

就任後最大のビッグマッチを前に、ハリルホジッチは最後の最後まで頭を悩ませることになるだろう。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • 2018ロシアワールドカップ

    ワールドカップの歴史

    ワールドカップスタジアム