本田の新天地はリーガエスパニョーラ?ラス・パルマスがリストアップか

・ラス・パルマスが本田獲得に乗り出す?
今夏にミランを退団した日本代表の本田圭佑の新天地はスペインになるかもしれない。スペイン紙「アス」は、本田の移籍先候補としてリーガエスパニョーラのラス・パルマスが有力であると伝えている。

加えて、仮に本田の同チーム移籍が実現すれば、本田の前にミランで背番号10番を背負っていた元ガーナ代表のケビン・プリンス・ボアテングと10番コンビを形成することになるとも報じている。

同紙は、本田圭佑について今シーズン所属チームで出番に恵まれず、今夏の移籍を決断したと伝えており、一方で「本田はこの夏に移籍金なしで契約を結ぶことができる数少ないビッグネームだ」とも付け加えた。同紙は、ラス・パルマスがそんな侍に向けて白羽の矢を立てたと報道。

また、先日のワールドカップ予選のイラク戦で31歳の誕生日を迎えた本田について、彼は長らく右サイドを主戦場としていたが、メディアプンタいわゆる「トップ下」でのプレーも可能だし、場合によっては左ウィングを務めることも可能だと、その万能性を強調している。

スピードに乏しい本田のプレースタイルを鑑みると、ウィンガーというよりはメディアプンタのポジションで攻撃陣の潤滑油的役割を担う方が良いかもしれない。テクニックやスピードが要求されるリーガエスパニョーラでのサイドアタッカーはやや荷が重すぎるが、トップ下またはセントラルでの出場が叶えば、十分にポテンシャルを発揮することができるだろう。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ボアテングとの共演でミランの10番コンビ実現?
ラス・パルマスというと、近年ビッグネームの獲得を次々と実現させており、冬にはかつてレアル・マドリードで将来を宿望されていたヘセ・ロドリゲスを、パリ・サンジェルマンから獲得している。

昨夏にはかつて本田の前にミランで10番を背負っていた元ガーナ代表のケビン・プリンス・ボアテングの獲得に成功した。
また、ボアテングも当時所属先で出場機会が限られていたということで、今シーズンセリエAで8試合の出場にとどまった本田とあらゆる面で条件が類似していると言及。

「本田はキャリアにもう一花咲かせるための新天地を探している。昨年夏に加入したボアテングの例を考慮しても、今回ラス・パルマスが本田を獲得する可能性は極めて高いだろう」と指摘。果たして、本田圭佑は未開の地リーガエスパニョーラで新たなキャリアを歩むことになるのか。また、ミランの新旧10番共演がカナリア諸島で現実となるのか。本田の去就に、スペインメディアも注目している。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Back to Top ↑