日本対セネガル【予想とオッズ】

日本対セネガル
日本 vs セネガル
2-2
試合終了
日本対セネガル結果】乾&本田弾炸裂!
6月25日・0:00(日本時間)
エカテリンブルグ
次の試合 ►
日本日本vsポーランドポーランド セネガルセネガルvsコロンビアコロンビア
グループH

ほとんどイーブンのオッズとなっているが、2連勝でグループステージ突破に大手をかけるのはどちらの国になるだろうか…?
マッチレビューと予想をチェック! 最新のオッズ
日本代表メンバー一覧 セネガル代表メンバー一覧
日本対セネガル

マッチレビューと予想をチェック!

サディオ・マネグループHの第二節「セネガル×日本」。
このゲームの勝者は?

日本 日本に賭けたい セネガルに賭けたい セネガル

レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ決勝戦でも得点を決めるなど、同大会10得点をマークしたサディオ・マネ(リバプール)を日本代表DF陣はどう攻略するか…。

プレミアリーグの屈強なDF達が手を焼いているのだから、日本代表のDFが一対一で彼を抑えられるとは到底思えない。動きの速さ、質、ドリブルのスピード、初速の速さ、そしてシュート精度、どれをとっても世界最強レベルのマネには、常に2人がかりで執拗にプレスをかけ続けたい。

マネに一瞬でも時間、スペースを与えてしまえば、日本にとって極めて厄介な状況を作られてしまうだろう。

(追記:初戦セネガル2-1勝利

組織力という点では、初戦のコロンビア戦に比べてやりやすくはなるかもしれない。日本としては、ボールポゼッションを高めながら常にコンパクトに陣形を保って、かつなるべく手数を欠けずに素早く攻め込みたいところ。

パラグアイ戦で絶妙なコンビネーションを見せた香川真司(ドルトムント)と乾貴士(レアル・べティス)でなんとかセネガルのディフェンス陣を翻弄させたい。

(追記:初戦日本2-1勝利。日本はコロンビアを、セネガルはポーランドを、それぞれ格上相手に白星スタートを切った両国。開始3分での相手選手の退場、PKでの得点とラッキーな要素が大きかった日本だが、続く「11人」のセネガル戦はそう簡単にいかないだろう。蓋を開けてみれば、ポーランド相手に組織力で圧倒したセネガルが、このグループHでは頭一つ抜けているか…。)

そんな「日本代表対セネガル代表」の一戦は、日本時間25日0時キックオフ予定だ。

セネガル対日本2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とベット365(bet365)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

ほとんどイーブンのオッズとなっているが、2連勝でグループステージ突破に大手をかけるのはどちらの国になるだろうか…?日本は、大迫勇也、香川真司の二戦連発に期待がかかる!

bet365 ウィリアムヒル
1 引き分け 2 1 引き分け 2
3.60
日本
3.20 2.30
セネガル
3.40
日本
3.10 2.25
セネガル
この試合に賭ける この試合に賭ける

※(1が日本、2がセネガル)
(6月24日を更新しました)

日本対コロンビア結果】香川PK弾&大迫ヘッド炸裂!
日本対セネガル結果シミュレーション】最終節残してGL突破も…?
日本代表 コロンビア相手に歴史的勝利!

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

日本代表メンバー一覧

日本▼ GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

▼ DF
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
昌子源(鹿島アントラーズ)
遠藤航(浦和レッズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)

▼ MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
山口蛍(セレッソ大阪)
原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
大島僚太(川崎フロンターレ)

▼ FW
大迫勇也(ケルン→ブレーメン/ドイツ)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)

ブックメーカーのオッズは…?

セネガル代表メンバー一覧

セネガル▼ GK
アブドゥライェ・ディアロ(レンヌ/フランス)
アルフレッド・ゴミス(SPAL/イタリア)
カディム・エンディアイェ(ホロヤAC/ギニア)

▼ DF
サリウ・シス(ヴァランシエンヌ/フランス)
カリドゥ・クリバリ(ナポリ/イタリア)
カラ・ムボジ(アンデルレヒト/ベルギー)
ユスフ・サバリ(ボルドー/フランス)
ラミーヌ・ガサマ(アランヤスポル/トルコ)
サリフ・サネ(ハノーファー/ドイツ)
ムサ・ワゲ(オイペン/ベルギー)

▼ MF
イドリッサ・ゲイェ(エヴァートン/イングランド)
バドゥ・エンディアイェ(ストーク/イングランド)
シェイフ・クヤテ(ウェストハム/イングランド)
アルフレッド・エンディアイェ(ウォルヴァーハンプトン/イングランド)
シェイク・エンドイェ(バーミンガム/イングランド)
イスマイラ・サール(レンヌ/フランス)

▼ FW
マメ・ビラム・ディウフ(ストーク/イングランド)
ムサ・コナテ(アミアン/フランス)
サディオ・マネ(リヴァプール/イングランド)
エムバイェ・ニアン(トリノ/イタリア)
ケイタ・バルデ・ディアオ(モナコ/フランス)
ディアフラ・サコ(レンヌ/フランス)
ムサ・ソウ(ブルサスポル/トルコ)

ブックメーカーのオッズは…?

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑