日本代表がワールドカップ出場権獲得!世界各国も速報「世界4番目のスピード」

・世界4番目のスピードで本大会出場権獲得
日本代表が、6大会連続6回目となるワールドカップ本戦出場を決めた。大一番となった今日のオーストラリア戦、シュツットガルト所属浅野と、ガンバ大阪所属井手口のゴールにより2-0で勝利をおさめ、ロシア、ブラジル、イランに続いて世界4番目にワールドカップへの切符を手にした。

世界各国のメディアは、そんな日本代表の予選突破に賛辞を送っている。
まずポルトガル紙「ダリオ・デ・ノティシア」は、「ロシアワールドカップ 日本は4番目のスピードで本戦出場を決めた」と速報。開催国ロシア、南米予選首位のブラジル、そしてアジア最終予選グループA無敗突破のイランに続く世界4番目のスピードでの本戦出場決定を称えている。

加えて、1998年フランス大会でワールドカップデビューを飾ってから、すべての大会で本戦に出場していることにも触れた。また、フランスメディアの「ユーロスポーツ」は「バヒド・ハリルホジッチ率いるサムライブルーが世界4番目にワールドカップ本大会への出場を決めた」と速報している。

ベルギー紙の「デ・スタンダール」も、「日本代表はオーストラリア代表を打ち負かしてワールドカップ本大会へ」と速報。過去にベルギーリグのスタンダール・リエージュに在籍していたゴールキーパーの川島と、ヘントに所属する久保について「遅れてやってきた侵入者」と独特の表現で称賛している。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

また、ドイツ紙「フランクフルター・アルゲマイネ」は、「日本がワールドカップロシア大会に出場!」とレポートし、ブンデスリーガでプレーする日本人選手に注目している。「アイントラハト・フランクフルトに所属するキャプテンの長谷部誠は90分間出場し、ボルシア・ドルトムントに所属する香川真司はベンチだった」と報道。

またアジア・サッカー連盟の公式サイトも日本の功績を世界へ発信している。
「日本がロシア行きのチケットを予約した。まず5万9492人の大観衆を沸かせたのは浅野だ。長友からの素晴らしいアシストを落ち着いてゴールに沈めた。終盤の井手口の豪快なミドルシュートでオーストラリアを完全に突きはなした。」

ちなみに、対戦したオーストラリアは自力でのワールドカップ出場が消滅してしまった。最終節タイに勝利した上で、日本代表にサウジアラビア代表を倒してもらう必要がある。

他の記事を読む

Tags: , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑