日本はコロンビアにどう立ち向かうべきか…?クアドラードに要注意

攻守両面で日本を圧倒するコロンビア

ファン・クアドラード前回大会は過去最高位となるベスト8へ躍進、さらにはハメス・ロドリゲス(バイエルン・ミュンヘン)が6得点で得点王になるなど大会屈指のダークホースとなったコロンビア代表。

今大会もグループステージで日本代表と同居した南米の雄だが、そのチーム力は前回大会よりさらにスケールアップしている。

南米予選序盤こそ、2人の若いセンターバックコンビのダビンソン・サンチェス(トッテナム・ホットスパー)とジェリー・ミナ(バルセロナ)の連携がちぐはぐで失点を重ねたが、終盤になるにつれてサイドバックのサンティアゴ・アリアス(PSV)等を含む新生ディフェンスラインが安定。

攻撃面でも、チームの点取り屋ファルカオ・ガルシア(モナコ)が全盛期に迫る得点感覚を取り戻し、10番のハメス・ロドリゲス、爆発的なスピードが武器のファン・クアドラード(ユベントス)等もそれに付随してトップフォームを維持。

やはり、日本、セネガル、ポーランドが同居するグループH において、実力、タレント力両面で頭一つ抜きんでた存在といえる。

そんな彼らの目先の目標は、2大会連続でのグループステージ突破。その上で重要になるのが、「格下」日本との初戦。ここで確実に勝ち点3を奪って、本大会に勢いを持って臨みたいと考えているはずだ。

ハメス、ファルカオ警戒はもちろんだが…

では、たいしてチャレンジャーの日本はどうやってコロンビアと戦えばよいか…?

当然終始押し込まれる展開となることが予想されるが、先日の「仮想コロンビア戦」のパラグアイ戦で実った、香川真司(ボルシア・ドルトムント)、乾貴士(レアル・べティス)等が素早いテンポでボールを回して敵陣に迫る攻撃は試みたい。

その上で、最終ラインと最前線の幅を極力コンパクトに保ち、パラグアイ戦のように中盤の柴崎岳(ヘタフェ)等からどんどん縦パスを供給していきたいところ。

守備面では、ハメス・ロドリゲス、ファルカオ・ガルシアにだけ気を取られていては、4年前同様ドリブルが武器のクアドラードに難なく突破を許してしまうため、マッチアップする長友佑都(ガラタサライ)を含めて、アンカーに入る選手等で相手攻撃の起点となるクアドラードのところを何とかシャットアウトしたい。

泣いても笑っても大一番は一週間後に迫っている…。
そんな注目の日本代表のグループステージ初陣対コロンビア戦は本時間19日21時キックオフ予定だ。

他の記事を読む

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

日本 日本代表最終メンバー一覧 コロンビア コロンビア最終メンバー一覧

Tags: , , , ,


About the Author

はベッティングトップ10の編集者の一人です。長年のフリーランスウェブマスターとしての経験の後ベッティングトップ10の新しい部署を担当するために雇われることになりました。Benjyは歴史と地理の学士号を持っているものの一番の情熱はウェブサイトの構築とサッカー観戦にあるそうです。



Comments are closed.


Back to Top ↑