快進撃を続けるモナコ、自慢の攻撃陣がユベントス守備陣に抑え込まれる…

ユベントスがモナコの攻撃陣をシャットアウト!

CL-モナコvsユベントス-04-05-20173日、チャンピオンズリーグのセミファイナルファーストレグが行われ、ユベントスはアウェイでモナコと対戦し2-0の勝利を飾りました。この結果、ユベントスが
2年ぶりの決勝進出へ向けて大きな大きな一歩を踏み出しました。

支配率、シュート数でユベントスをホームのモナコが上回っていたこの試合でしたが、結果はイグアインの2ゴールでユベントスがアウェイで貴重な勝利を手にする格好となりました。今大会のりに乗っているムバッペやファルカオらの決定機を幾度となくセーブし続けたブッフォン、それからイグアインへ2度アシストをしたダニエウ・アウベス、そして試合を決めたイグアイン、この3人がこの試合でMOM級の活躍を果たしました。公式のMOMはアウベス選手になったそうですが、イグアイン選手、ブッフォン選手であってもおかしくありませんでしたね。

もちろん、まだトリノでのセカンドレグがありますが、ルイII世スタジアムで挙げた今回の2-0という結果は、ほとんどファイナルに手をかけたと言ってもいいくらい大きなものでしょう。また、ユベントスは過去の大会でフランスのチームに敗れた歴史が無いというデータもあります。ホームで一点も取れなかったモナコにしてみれば、この上なく痛い結果に終わってしまいました。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

110億円の男イグアインが遂に大舞台で活躍
これで今シーズンの得点数を31に伸ばしたイグアイン選手ですが、ここへきてようやくナポリから110億円をかけて獲得するに見合った活躍が魅せられているのではないでしょうか。この試合でも、クアドラードと交代をする際にアウェイながら大きな喝采を受けていました。

大舞台でようやく大活躍したイグアイン選手は、試合後このように語っています。
「チャンピオンズリーグという舞台において、ゴールの方から歩み寄ってきてくれることはない。だからこそ、落ち着きを持って試合に挑まなければいけないと言い聞かせていた。また、無失点ということも至上命題だったから、結果には非常に満足している。」

ホームでのセカンドレグでも得点を重ねれば、決勝戦でも勢いそのまま大暴れする可能性は十分にあります。もう片方の山ではレアルマドリードが3-0でアトレティコマドリードを退けていますので、ファイナルはレアルマドリード対ユベントスという夢のカードが遂に決勝の舞台で実現するかもしれません。個人的には、ぜひロナウドVSイグアインのエース対決が見てみたいですね。

他の記事を読む

Tags: , , , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑