岡崎先発レスター 2018年初戦は最高のスタートに

・2018年初戦に岡崎、スリマニ等先発
現地時間1月1日、イングランドプレミアリーグ第22節が行われ、日本代表FW岡
崎慎司が所属するレスター・シティは本拠地キングパワー・スタジアムでハダースフィールドと激突した。

2018年のスタートとなる元日の試合をホームで迎えることになったレスター・シティは、この日イングランド代表でエースストライカーのジェイミー・ヴァーディがベンチ外となり、代わってアルジェリア代表のイスラム・スリマニが起用された。

その他、岡崎慎司もアルジェリア代表リヤド・マフレズ、オーストリア代表クリスティアン・フクス、イングランド代表ハリー・マグワイア等とともに先発出場。

対するハダーズフィールド・タウンはオーストラリア代表で10番のアーロン・ムーイ、ダニー・ウィリアムズ、トーマス・インス等が先発に名を連ねた。

前半は両者スコアレスのまま折り返し、最初に試合を動かしたのはレスター・シティだった。ロングスローのこぼれ球を、マーク・オルブライトンがペナルティエリア内へ蹴り込む。

これにリヤド・マフレズが角度のないところから巧みにダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。

新年一発目からスーパーゴールが生まれ、キングパワー・スタジアムに駆け付けたサポーターのボルテージは最高潮に。

Jリーグ、イングランドプレミアリーグスペインリーグおよびにチャンピオンズリーグ2017/2018の最新ニュースを確認しよう!

レスター・シティはさらにその後この日先発に抜擢されたイスラム・スリマニがゴールキーパーの頭上を越すループシュートを決めて2-0と突き放す。スリマニにとって、このゴールが待望の今シーズン初ゴールとなった。

さらにレスター・シティは後半アディショナルタイムにマーク・オルブライトンがだめ押しとなる3点目を決めて、結果ハダースフィールド・タウンを3-0完封で下した。

レスター・シティにとって、これが5試合ぶりとなる勝ち点3獲得となった。尚、岡崎は先発フル出場。2点目のスリマニのゴールの起点となり、地元紙の評価もチーム3位タイと高評価だった。

レスター・シティは1月6日にFAカップ3回戦でフリートウッド・タウン(3部)と激突する。2018年公式戦2連勝となるだろうか。ハダースフィールドは同日にFAカップでボルトン(2部)と相まみえる。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑