岡崎が開幕2戦連発!イギリス各メディアがこぞって岡崎を高評価!

・二試合連続ゴールを決めた岡崎
現地時間19日、イングランドプレミアリーグ第二節が行われ、日本代表の岡崎慎司が所属するレスター・シティは昇格組のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンと対戦した。

この試合、レスター・シティはブライトンを2-0で退け、今シーズン初勝利を手にしている。この日も、開幕戦のアーセナル戦に続いて先発出場した岡崎は、開始50秒に電光石火の先制ゴールを挙げ、後半30分までプレー。

右サイドから個人技でカットインしたアルジェリア代表のリヤド・マフレズのシュートのこぼれ球に素早く反応した岡崎は、右足でブライトンゴールにボールを押し込んで今季2点目を奪取した。

さらに前半終了間際にはエースでイングランド代表のジェイミー・バーディからのグラウンダーのクロスに、身を投げ出しながら惜しいシュートを放ったり、試合を通して前線から献身的に守備し、持ち前のハードワークでチームに貢献した岡崎。後半30分にアルジェリア代表のイスラム・スリマニと交代する際、スタンドから大きな拍手が贈られた。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・イギリスメディアがこぞって高評価!
開幕2戦連発と絶好調の岡崎に対して、各イギリスメディアもこぞって高評価を与えている。
イギリス紙『レスター・マーキュリー』は、この日ハリー・マグワイアのゴールをコーナーキックからアシストし、全得点に絡んだマフレズに次ぐ「8」の高採点を与えるとともに「岡崎はポーチャーとしての働きで今シーズン2ゴール目をマークした」と評価。
英語で「密猟者」という意味があるポーチャーという言葉を用いて、岡崎のゴール前に侵入して得点を奪うゴールハンターとしての素質を改めて評価している。

また、イギリスメディア『デイリー・メール』も、岡崎に対してチーム2番目となる「7.5」の高評価を与えている。同じくイギリスメディア『スカイ・スポーツ』は、マフレズ同様チーム最高点タイとなる「8」を岡崎に与えている。

Jリーグ時代、ブンデスリーガ時代を含めても、自身初めてとなる開幕二試合連続ゴールをマークし、最高の滑り出しを切った岡崎。はたしてこの勢いで今シーズンはマインツ時代以来となる二ケタゴールを達成することができるだろうか。

レスター・シティはこの後リーグカップ二回戦シェフィールド・ユナイテッドを挟んだ後、次節、オールドトラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドと相まみえる。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑