守備に不安抱えるポーランドはマネを攻略することができるか

レヴァンドフスキのワンマンチームではない…?

ポーランド代表日本と同組の国同士の試合ということで、日本にとっても注目度の高い「ポーランド対セネガル」。

ポーランドは、今大会に出場する前に長らく低迷期を過ごしたものの、2016年のヨーロッパ選手権では予選でドイツを下し、本大会でもベスト8へ上り詰めるなど、近年メキメキと力をつけてきた。

ロベルト・レヴァンドフスキロシアワールドカップ欧州予選でも、強敵デンマークを抑えて首位通過を果たしている。
絶対的エースのロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)の存在感が大きすぎるが余り、彼個人に頼ったワンマンチームと思われがちだが、決してそうではない。

もちろんブンデスリーガで3度得点王を獲得した彼が大黒柱であることに違いないが、そのエースをサポートしつつ、自らも迫力あるドリブルで敵陣へ突進するカミル・グロシツキ(ハル・シティ)、ナポリの2大スターアルカディウシュ・ミリク、ピオトル・ジエリンスキも健在だ。

唯一、予選通算14失点とヨーロッパのワールドカップ出場国の中でワーストの守備陣が気がかりだが、それでも、グループリーグにおいては攻撃面で十分カバー可能だろう。

ポーランドポーランド vs セネガルセネガル

欧州勢ワースト失点数のDFはどうマネを抑えるか

対するセネガルも、無敗でアフリカ予選を突破してきた実力国だ。こちらもストロングポイントはポーランドと同じく攻撃にある。

ブラックアフリカン特有のフィジカル、パワー、スピードを全面に押し出したサッカーは、どんな国のディフェンス陣でも手を焼くだろう。

とりわけ、今シーズンはチャンピオンズリーグ決勝戦でゴールを決めるなど、プレミアリーグで大活躍したサディオ・マネ(リバプール)が個人能力で突出しており、そのマネをサポートするケイタ・バルデ・ディアオ(モナコ)、ムサ・ソウ(ブルサススボル)も得点力がある。

ヨーロッパ出場国ワーストの失点数で予選を勝ち上がったポーランドのディフェンス陣が、サディオ・マネを筆頭とするスピード感あふれるアタックをどのように攻略するのかという点で、日本代表にとっても注目したい一戦だ。

そんなポーランド対セネガルの一戦は、日本時間20日0時キックオフ予定となっている。

ポーランド ポーランド最終メンバー一覧 セネガル セネガル最終メンバー一覧

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

コロンビアコロンビア vs 日本日本

他の記事を読む

Tags: , , , ,


About the Author

はベッティングトップ10の編集者の一人です。長年のフリーランスウェブマスターとしての経験の後ベッティングトップ10の新しい部署を担当するために雇われることになりました。Benjyは歴史と地理の学士号を持っているものの一番の情熱はウェブサイトの構築とサッカー観戦にあるそうです。



Comments are closed.


Back to Top ↑