吉田に新たなライバル出現!サウサンプトンがオランダ代表フートを獲得

・吉田に新ライバル出現!
吉田麻也に新たなライバル出現か。現地時間22日、プレミアリーグサウサンプトンが、セリエAラツィオからオランダ代表のセンターバック、ヴェスレイ・フートを獲得したことを正式発表した。その契約期間は、5年と伝えられている。

まだ23歳と若いヴェスレイ・フートは、2015年にオランダのエールディビジAZから鳴物入りでラツィオへ移籍すると2シーズンでセリエA通算48試合、公式戦では61試合に出場し、高い技術を持ってラツィオの守備陣を統率してきた。今年3月にはオランダ代表にも選出されており、すでに4キャップをこなしているヴェスレイ・フート。

サウサンプトンのレス・リード副会長は、「フートはオランダ代表でもラツィオでもその実力を証明した。同じくオランダ代表のフィルジル・ファン・ダイクやヤン・ベドナレク、フロリン・ガルドシュに吉田麻也といったディフェンス陣と、ここでともにさらなる成長を遂げてくれるだろう。今回フートを迎え入れたことで、センターバック陣は非常にクオリティの高い選手たちが揃ったと考えている。」と歓迎の言葉を述べた。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ファン・ダイクの後釜か?
しかし現実的には、このセンターバック陣の中で最もクオリティが高いとされているファン・ダイクはこの夏のステップアップを希望しているため、ビッグクラブへの移籍が濃厚となっている。現に、ファン・ダイクは今シーズンのプレミアリーグでまだ一度もプレーをしていない。

プレミアリーグの開幕節、第二節はどちらも昨シーズンの後半戦ファン・ダイクが負傷離脱して以降同様にスティーブンスと吉田がコンビを務めているが、ここに新たにフートがポジション争いに加わることになる。

現段階で吉田とスティーブンスのどちらかの選手が先発を外れるとすれば、間違いなくスティーブンスの方だろうと断言できる。吉田は試合を通して安定したプレーを見せている一方、若いスティーブンスはやや荒削りなシーンが目立つことは否めない。

とはいえ両者のコンビネーション自体は昨シーンの後半から悪いものではないため、よほどの失態を起こさない限りは現状このセンターバックコンビがファーストチョイスになることだろうが、ラツィオでの2シーズンの実績を考慮すると、いきなりフートがスタメンの座に割って入ることも当然なくはない。
果たして吉田は長い年月をかけてようやく勝ち取ったポジションを堅持することができるだろうか。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑