南米版バロンドール結果発表!2017年最優秀選手に選ばれたのは…

・CWCにも出場したブラジルの新鋭が受賞
現地時間1月1日、ウルグアイ紙『El Pais』選定の「南米版バロンドール2017」の結果が発表され、2017年度の南米年間最優秀選手賞の受賞者が決定した。

投票の結果、南米チャンピオンズリーグのリベルタドーレスカップを制覇したグレミオ(ブラジル)から、ブラジル人のルアンが過半数に迫る票を獲得して南米年間最優秀選手賞に選出された。

ルアンは、ネイマール(パリ・サンジェルマン)やガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)等と共にリオデジャネイロオリンピックで同国初の金メダルを獲得したU-23ブラジル代表の一員で、先月アラブ首長国連邦で開催されたクラブワールドカップにも出場したブラジル期待の若手の一人だ。

また、リベルタドーレスカップ2017の大会MVPで、バルセロナ、レアル・マドリード、チェルシーといった欧州のビッグクラブへの移籍が噂されているアルトゥール(グレミオ)は3位だった。
尚、2位にはペルー人のパオロ・ゲレーロが選出されている。

2017年度の南米年間最優秀選手賞投票結果一覧は以下の通り。

1.ルアン(ブラジル)-182(49.46%)
2.パオロ・ゲレーロ(ペルー)-65(17.66%)
3.アルトゥール(ブラジル)-46(12.50%)
4.ダリオ・ベネデット(アルゼンチン)-24(6.52%)
5.ラウタロ・アコスタ(アルゼンチン)-8(2.17%)
6.ジョナサン・アルベス(ウルグアイ)-6(1.63%)
7.マルセロ・グローエ(ブラジル)-5(1.36%)
8.ホセ・サンド(アルゼンチン)-5(1.36%)
9.エスキエル・バルコ(アルゼンチン)-4(1.09%)
10.イグナシオ・スコッコ(アルゼンチン)-3(0.82%)

11.ロベルト・フェルナンデス(パラグアイ)-2(0.54%)
12.ファビアン・バルブエナ(パラグアイ)-2(0.54%)
13.イルビング・ロサノ(メキシコ)-1(0.27%)
14.ロムロ・オテロ(ベネズエラ)-1(0.27%)
15.クリスティアン・パボン(アルゼンチン)-1(0.27%)
16.マキシミリアーノ・メサ(アルゼンチン)-1(0.27%)
17.セバスティアン・ビエラ(ウルグアイ)-1(0.27%)
18.エヴェルトン・リベイロ(ブラジル)-1(0.27%)
19.ルーカス・アラリオ(アルゼンチン)-1(0.27%)
20.アンドレ・ピエール・ジニャック(フランス)-1(0.27%)

21.ジョー(ブラジル)-1(0.27%)
22.ホナタン・マイダナ(アルゼンチン)-1(0.27%)
23.ディエゴ・ヴァレリ(アルゼンチン)-1(0.27%)
24.ロドリゴ・レイ(アルゼンチン)-1(0.27%)
25.エドウィン・カルドナ(コロンビア)-1(0.27%)
26.ミゲル・アルミロン(パラグアイ)-1(0.27%)
27.ルーカス・リマ(ブラジル)-1(0.27%)
28.エリアス・エルナンデス(メキシコ)-1(0.27%)

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑