前節4発のインモービレが欧州リーグゴールデンシュー首位に

・今季ラツィオで大爆発中のインモービレ
チーロ・インモービレ現地時間6日に行われたイタリアセリエA第20節のSPALフェッラーラ戦で、前半20分から後半5分にかけて4ゴールをマークし、同リーグ得点ランキング単独トップに躍り出たラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ。

圧巻の4発でチームの5-2大勝に貢献したこのイタリア人ストライカーは、とうとうヨーロッパ各国リーグの得点ランキング「ヨーロッパ・ゴールデンシュー」でもトップに躍り出た。

パリ・サンジェルマン所属のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを僅差で抑えての首位浮上。

このヨーロッパ・ゴールデンシューは、各国リーグのレベルに応じた係数を与えて、それをゴール数にかけて算出するポイント制のランキングだ。

UEFAリーグランキングのトップ5のリーグのチームにはゴール数×2、6位から21位のリーグはゴール数×1.5、それ以下のリーグはゴール数×1となっている。

3位にはイングランドプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーで得点を量産するイングランド代表FWハリー・ケイン、そしてイタリアセリエAのインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが同ポイントでランクイン。

その他トップ10にはバイエルン・ミュンヘン所属のポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、リバプールで今シーズン無双中のエジプト代表FWモハメド・サラー、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとビッグクラブのエース達が名を連ねている中、中堅チームのラツィオから1位の選手が出たというのは驚きだ。

このイタリア人ストライカーは、今後もこのヨーロッパ・ゴールデンシューで首位を堅持することができるだろうか…。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

尚、ヨーロッパ・ゴールデンシューランキングトップ10は以下の通り。

1-チーロ・インモビーレ(ラツィオ)▼20ゴール×2.0=40P
2-エディソン・カバーニ(PSG)▼19ゴール×2.0=38P
3-ハリー・ケイン(トッテナム)▼18ゴール×2.0=36P
3-マウロ・イカルディ(インテル)▼18ゴール×2.0=36P
5-モハメド・サラー(リバプール)▼17ゴール×2.0=34P
6-リオネル・メッシ(バルセロナ)▼16ゴール×2.0=32
7-ファルカオ(モナコ)▼15ゴール×2.0=30P
7-ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)▼15×2.0=30P
9-ジョナス・ゴンサウヴェス(ベンフィカ)▼19×1.5=28.5P
9-イゴール・アングーロ(グルニク・ザブジェ)▼19×1.5=28.5P

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑