前節連勝記録途絶えたシティ 2018年初戦の結果は…

・前節連勝記録ストップのシティ
現地時間2日、イングランドプレミアリーグ第22節が行われ、首位マンチェスター・シティは本拠地エティハド・スタジアムでワトフォードと対戦した。

前節クリスタル・パレス戦で18試合続いていた連勝記録をとだえさせた上、ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスの長期離脱を余儀なくされたマンチェスター・シティ。

新年一発目の試合で、指揮官ペップ・グアルディオラはアルゼンチン代表セルヒオ・アグエロ、イングランド代表ラヒム・スターリング、スペイン代表ダビド・シルバ等を先発起用した。

前節ジェズス同様負傷退場したベルギー代表ケビン・デ・ブライネも先発に名を連ねた。

対するワトフォードはアンドレ・グレイ、エティエン・カプエ、クリスティアン・カバセレ等が先発出場。

試合は開始直後に動く。マンチェスター・シティは、左サイドでレロイ・サネがダビド・シルバのスルーパスを受けるとそのままダイレクトで中へ折り返す。
このボールに前節ペナルティキックを与えてしまったラヒム・スターリングが落ち着いて合わせて先制に成功。

さらに12分には、ダビド・シルバのパスを受け取ったケビン・デ・ブライネがクロスを入れると、これがクリスティアン・カバセレのオウンゴールを誘って早くもシティが2点リードとした。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

後半に入っても勢いが止まらないマンチェスター・シティは、62分ケビン・デ・ブライネのクロスのこぼれ球からにセルヒオ・アグエロがゴールネットを揺らして三点差。

この時点でペップ・グアルディオラはブラジル代表フェルナンジーニョを下げてコートジボワール代表ヤヤ・トゥーレを、ジョン・ストーンズを下げてブラジル代表ダニーロを、ケビン・デ・ブライネを下げてポルトガル代表ベルナルド・シウバを投入し、効果的に選手の入れ替えを行う余裕も見せる。

終盤にこそワトフォードのアンドレ・グレイに一点を返されたが、結局マンチェスター・シティはワトフォード相手に3-1で逃げ切り、前節の連勝ストップから見事に立て直しに成功した。

前節は決定機を作るシーンも数少なかったが、2018年一試合目の今節はまた強いシティが帰ってきた。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑