全勝リバプール×無敗チェルシーによるカラバオカップ3回戦結果

白熱のリーグカップ3回戦

エデン・アザール現地時間26日、カラバオ・カップ3回戦が行われ、リバプールとチェルシーが激突した。プレミアリーグで開幕から全勝中のリバプールと、無敗中のチェルシーによるビッグマッチに今季最大といってもいい注目が集まった。

リバプールがプレミアリーグ開幕6連勝!

ミッドウィーク開催のカップ戦ながら、リバプールは10番のサディオ・マネをはじめ、シェルダン・シャキリ、ジェイムズ・ミルナー、デヤン・ロヴレン等豪華メンバーが先発に登場。エースストライカーのモハメド・サラーは疲労を考慮されてベンチスタートとなった。

対するチェルシーもローテーションを導入しながらも、アルバロ・モラタ、ウィリアン、ヴィクター・モーゼス、マテオ・コヴァチッチ、セサル・アスピリクエタとそうそうたる面々が先発に登場。こちらもエースのエデン・アザールはベンチスタート。

試合は序盤から激しい攻防となったが、スコアが動くことは無く0-0で折り返し。

後半に入ると派手にゲームが動き出す。
まずは57分、ナビ・ケイタがペナルティエリア内左から強烈なシュートを放つと、相手GKが防いだところのこぼれ球をダニエル・スタリッジが豪快に押し込んでリバプールが先制に成功した。

がしかし、途中から入ったエデン・アザールが展開を大きく変える。まずはアザールが蹴ったフリーキックの流れから、エメルソンが同点ゴール。

さらには試合終盤の85分。得意のドリブル突破で相手守備陣を翻弄したアザールは、そのままペナルティエリア内まで進入。目の覚めるような豪快なシュートを叩き込んで、チェルシーが一気に試合をひっくり返した。

結果、このアザールのスーパーゴールが決勝点となり、チェルシーが2-1勝利。ミッドウィークのカップ戦とは思えないような白熱のビッグマッチ。リバプールは今シーズン初となる公式戦黒星を喫することとなった…。

次節プレミアリーグでも激突の両者

週末、今度はプレミアリーグでもう一度実現するリバプール対チェルシー。リバプールはこの日温存となったモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ等を起用して雪辱を晴らしたいところだ。

プレミアリーグ次節オッズは以下の通り。

プレミアリーグ

今すぐ登録

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑