代表落選もすでに前を向く森岡「落選はガッカリしたけど…」

今季13G14Aと大ブレイクも代表落選の森岡

森岡亮太失意のワールドカップ候補メンバー漏れとなったベルギーリーグのスターだが、気持ちは既に前を向いている。
今季ベルギー・ジュビラー・プロリーグで大ブレイクしたアンデルレヒトの10番で元日本代表MF森岡亮太。日本代表メンバー落選後、はじめてメディアに向けてコメントした。

現地時間20日、優勝プレーオフの最終戦で来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の2位浮上を目指してヘンクと対戦したアンデルレヒト。この試合森岡も先発出場したが、1-2で敗れてしまい残念ながら順位を上げることはできず

しかしながら、森岡個人にスポットを当ててみると、ベルギーリーグ挑戦1年目にしてアンデルレヒト、前所属クラブのワースランド・ベフェレンで通算13得点14アシストを記録し、この上なく充実のシーズンを過ごした。

ベルギーメディア『nieuwsblad』の報道によると、森岡自身もここまで活躍できるとは思っていなかったようだ。
「こんなに活躍できるとは正直考えてもみなかった。チームとしては、2位でフィニッシュしたかったのでがっかりしている」とシーズンを振り返った。

「代表落選はガッカリしたけど…」

加えて、キリンチャレンジカップ2018ガーナ戦に挑む日本代表メンバーから漏れたことについて記者にコメントを求められた森岡。

「もちろんその一報を聞いたときはすごく落ち込みました。僕はそこに入る気でいましたから。ですが、日本代表が成功を収めることを願っています。もちろんすべての試合チェックするつもりです。」と語った。

屈辱の落選を味わった直後だが、すぐに所属クラブに気持ちを切り替えて前を向いている様は、さすが欧州仕様のメンタリティーだ。

仮にロシアワールドカップへの最終メンバーに入ることができないとしても、ポーランド、ベルギーと欧州で結果を残し続けているのは凄い。やはり数試合での日本代表チームへの適応はそう簡単ではないということも言える。
4年後のカタールワールドカップも視野にぜひ来シーズン以降も欧州リーグで結果を残し続け、また日本代表に帰ってきてほしい。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑