今日ドルトムント開幕戦!香川の出番はあるのか?リトバルスキーが予想

・本日ドルトムント香川が登場!
現地時間18日、ついに今シーズンのブンデスリーガが幕を開けたが、日本代表の香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは今日、ヴォルフスブルクと開幕ゲームを迎える。

6月のシリア戦で左肩を負傷し、キャンプに出遅れた香川だが、果たしてこの試合で先発起用されるのだろうか。ヴォルフスブルクのスカウト部長で、過去にはJリーグでもプレーした経験のあるピエール・リトバルスキー氏は、香川の現状について解説してくれた。

開幕節はホームフォルクスワーゲン・アレナでドルトムントを迎えるヴォルフスブルクだが、まずこの試合についてリトバルスキーはこのように言及。
「個人的には、ボルシアMGからやってきたダフードがもっとも警戒すべきアタッカーだと感じている。パスの制度が非常に高く、かつ低い位置からゴールに直結するプレーに絡んでくる。ロイス、ゲッツェ、デンベレといった選手がいっしょにいるとすれば、かなりマークするのに手こずる選手だ」。

リトバルスキーは、香川の最大のライバルとしてU-21ドイツ代表のマフムード・ダフードの名前を挙げている。
加えて、「ダフードはA代表入りを目指しているだめかなりモチベーションが高い。来年はワールドカップも開催されるため、今シーズンは誰もが代表メンバー入りへアピールするため並々ならぬ闘志を見せてくるだろう。ダフード加入はきっとドルトムントにとって大きな補強となるはずだ。香川にとっては強力ライバル出現といったところだろう。」と語った。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・「コンディションが万全なら先発だろう」
では、シーズン序盤香川にチャンスは訪れるのだろうか?リトバルスキーはこのように考えているようだ。
「ユリアンが戦線離脱している中で、中盤はカガワ、ダフード、カストロという並びになることが想定される。カガワには経験がある。若い選手が目立つドルトムントのアタッカー陣で、重要な存在となるだろう。コンディションさえ万全であれば、先発出場を手にすることができるはずだ。」

ダフードもヴァイグルもまだ21歳と若く、一方の香川はキャリア円熟期ともいえる28歳。香川の経験値がドルトムントに大きな価値をもたらすのではとリトバルスキーは語っている。
はたして今日の開幕戦のメンバーに「シンジカガワ」の名前があるのかどうか。日本人としては先発を期待せずにはいられない。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑