今季4度目のビッグロンドンダービー結果【カラバオカップ】

・今季4度目のビッグロンドンダービー
スタンフォード・ブリッジでチェルシーとアーセナル現地時間10日イングランドカラバオカップ(フットボールリーグ・カップ)準決勝ファーストレグが行われ、スタンフォード・ブリッジでチェルシーとアーセナルによるビッグロンドンダービーが開催された。

今シーズン早くも4度目のビッグロンドンダービー。
ホームのチェルシーは、スペイン代表アルバロ・モラタ、ベルギー代表エデン・アザール、元イングランド代表ダニエル・ドリンクウォーター、ナイジェリア代表ヴィクター・モーゼス等が先発出場。

対するアウェーのアーセナルは、フランス代表アレクサンドル・ラカゼット、イングランド代表ダニー・ウェルベック、ナイジェリア代表アレックス・イウォビ、イングランド代表ジャック・ウィルシャー等が先発に名を連ねた。

試合序盤、主導権を握ったチェルシーは、23分、27分と立て続けにモーゼスが強烈な左足シュートを放つ。しかし、これはアーセナル守護神ダビド・オスピナのファインセーブによって阻まれた。

38分、今度はアーセナルのアレックス・イウォビがペナルティエリア内でボールを奪取し右足シュートを放つ。しかしこれはチェルシー守護神ティボ・クルトワが阻止。

その直後には、アーセナルのインズリー・メイトランド・ナイルズがペナルティエリア内でモーゼスに倒され、このプレーにビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入。
しかしながら、ファール判定は覆ってアーセナルにペナルティキックが与えられることは無かった。

後半に入っても一進一退の攻防が続き、スコアレスの状態が続く。
すると、後半アディショナルタイムに入る直前、今度はチェルシーのセスク・ファブレガスがペナルティエリア内でダニー・ウェルベックに倒された。

このプレーにこの日二度目のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入。しかし、今度もペナルティキックが与えられなかった。

結局両者スコアを動かすことができず、ビッグロンドンダービーはドロー決着となった。これで、この伝統の一戦は昨年夏のコミュニティ・シールドでの試合から4試合連続でドローとなっている。

両者ベストメンバーのガチンコ勝負のビッグロンドンダービーの決着は、24日にアーセナルのホームで行われるセカンドレグに委ねられることとなった。

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑