今季ベルギーリーグを席巻した鎌田 現地紙の前半戦評価は?

現地メディアが鎌田をベストイレブンに選出

鎌田大地今シーズン、ベルギー・ジュピラープロリーグを席巻する日本人アタッカー鎌田大地。

ベルギーメディア『Voetbalkrant』が、ジュピラーリーグ第11~20節までのベストイレブンを発表し、そこにキリアン・アザール(セルクル・ブルッヘ)等と共に鎌田(シント・トロイデン)を選出した。

夏のマーケットで、ドイツ・ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトから加入した鎌田。

10月20日に行われた第11節KVコルトレイク戦から第20節の同コルトレイク戦までで、実に7得点1アシストをマークし、世界ランキング首位のベルギー国内に衝撃を与えた。

『Voetbalkrant』は、「ダイチカマダはシント・トロイデンで、ベルギーリーグ随一の存在感を発揮した」と称賛するとともに、ディウメルシ・ムボカニ(ロイヤル・アントワープ)と2トップの形でベストイレブンに選出。

残念ながらアジアカップ2019の日本代表メンバーからは漏れたが、その分リーグ戦に集中することができるため、得点ランキングトップ浮上も狙える。

アジアカップ2019日程、日本時間一覧

現在10ゴールで得点ランキング5位となっているが、ベルギーリーグ得点王を獲得し、さらなるステップアップを目指したいところだ。

ベルギーリーグベストイレブン一覧

尚、『Voetbalkrant』が選出したベルギーリーグ第11節~第20節のベストイレブンは以下のとおり。

  • GK ジャン・ビュテズ(ムスクロン)
  • DF イェーレ・ファン・ダンメ(ロイヤル・アントワープ)
  • DF セバスティアン・デワースト(ヘンク)
  • DF ジーニョ・ファンフースデン(スタンダール・リエージュ)
  • DF シグール・ルーステッド(ヘンク)
  • MF キリアン・アザール(セルクル・ブルッヘ)
  • MF ハンス・ヴァナケン(クラブ・ブルッヘ)
  • MF クリスティアン・ベナヴェンテ(シャルルロワ)
  • MF マニュエル・ベンソン(ムスクロン)
  • FW ディウメルシ・ムボカニ(ロイヤル・アントワープ)
  • FW 鎌田大地(シント=トロイデン)

 

ベルギーリーグの次のゲーム、オッズは一覧は以下の通り!鎌田所属のシント・トロイデンは、ウィンターブレイク開けにヘンクと激突。

ベッティングトップ10では、毎週世界各国の注目ゲームをピックアップしてオッズ記事を更新します!

オッズ

今すぐ登録

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑