今大会1セットも奪われることなく優勝したナダル「完璧な全仏OPだ!」

・ナダルが史上最多10度目の優勝
11日、テニスの全仏オープン男子シングルス決勝が行われ、史上最多の10度目の制覇がかかっていたナダルが、ワウリンカを下して優勝した。

第四シードのナダルは、2015年に王者に輝いている第三シードのワウリンカとファイナルで激突。この試合、ナダルが試合開始から終了まで常に主導権を握ってゲームを巧みに運び、圧倒的な強さを見せつけた。蓋を開けてみれば、6-2, 6-3, 6-1でストレート勝ちと圧倒的な差がついた。

ナダルは、最後のセットのゲームカウントが5-1となったところで勝利を確信したそうだが、試合後このように振り返っている。
「5-1になるまでは、死にもの狂いで目の前のポイントを取ることに集中していた。言わずもがなワウリンカは素晴らしいプレーヤーだから、彼に主導権を奪われないように一つ一つのプレーに集中していた。」と話した。

また、「全仏オープンを通して、1セットも相手に許さず、1セットで5ゲームを奪われたセットもここまで無かった」と自画自賛するように、今大会のナダルは1回戦からたったの35ゲームしか落としておらず、決勝を含めたすべての試合でストレート勝ちを収めるというとてつもない力を証明した。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・「不安な日々が、プレイヤーとして成長させた」
ナダルは、2014年の全仏オープンでチャンピオンになって以降、グランドスラムのタイトルからはことごとく嫌われ続けてきた。

「無冠」だった3年の月日について聞かれると、「毎日不安だった。しかし、不安があることは別にネガティブなことじゃないよ。不安があるからこそ、より一生懸命に練習をするものだろう?状況を打破しようと努力を続けることで、結果が出る。日々不安をいだいているから、毎日テニスキャリアにおいて厳しいトレーニングを自分に課している。だから、これまでの功績を成し遂げることができた。」と、プレーヤーとしての率直な心境を明かした。

他を寄せ付けない圧倒的なパワーで全仏オープンを制したナダルだが、気持ちは既に7月3日から開幕するウィンブルドンへ向けられている。
「2012年のひざの故障から、芝でのプレーがより厳しいものになっている。とはいえ、芝でも楽しくプレーがしたいし、ウィンブルドンでのプレーを心待ちにしている。健康で万全を期すことができれば、また今回のような成績が得られるだろう」と意気込んだ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑