二度の監督交代に苦しんだサウジアラビア 開幕戦勝利すれば夢が開ける?

ロシア対サウジアラビア
ロシア vs サウジアラビア
2018年6月15日・0:00(日本時間)
ルジニキ・スタジアム, モスクワ

実力が読めないサウジアラビアだが…

サウジアラビア代表開催国ロシアにとって、ホームの大声援を受けての開幕戦は絶対に負けられない戦いだが、それはサウジアラビアにとっても同じことだ。

昨年のアジア最終予選では、最終節で首位の日本代表を破って土壇場の逆転劇でロシアワールドカップへストレートインしたサウジアラビア。

ロシアロシア vs サウジアラビア 【予想とオッズ】サウジアラビア

順風満帆と思われたチーム状態だったが、その後状況は一変する。
オランダ人の名将マルク・ファンマルバイクが契約延長を拒否して辞任すると、その後後任となったバウザもテストマッチの結果が振るわずたったの2か月で解任。

その後、直前までチリ代表を率いていたファン・アントニオ・ピンツィが就任したが、これまでサウジアラビアは然ることながらアジアのチームとの所縁が一切ない人物ということで、その手腕は計り知れないものがある。

ワールドカップイヤーのテストマッチでは、格下のモルドバにこそ勝利したもののライバル国のイラク、強豪ベルギー相手に4失点を浴びて大敗。先日のペルー戦でも0-3でなすすべなく敗戦に終わった。

世界ランキングでも、出場32ヵ国中下から二番目に位置しており実力的には厳しい戦いを強いられることは避けられないだろう。

しかし、グループリーグの3試合の中で最も勝機のある試合が、世界ランキング最下位ロシアとのオープニンゲゲームということになる。

開幕戦勝利で一気に勢いに乗る可能性も

絶対アウェーの開幕戦で実力の拮抗するロシア相手に開点3ポイントを奪うものなら、その後のウルグアイ、エジプト戦も勢いに乗ってアップセットを起こす可能性も…?

代表キャップ数130を誇る大ベテランの守備の要オサマ・ハウサフィ(アル・ナスル)、アジア最終予選で10番を背負ったナワフ・アル・アビド(アル・ヒラル)、エースのモハメド・アル・サハラフィ(アル・ナスル)といった選手に注目だ。

攻守両面で、選手の大半がロシアリーグでプレーするロシア代表に劣ることは否めないが、新指揮官アントニオ・ピンツィの元どこまでチームが一丸となれるか…。

注目のワールドカップ開幕戦「ロシア対サウジアラビア」の一戦は、日本時間15日0時キックオフ予定だ。

他の記事を読む

Tags: , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑