事実上2.5軍のドイツが無双状態…選手本人もあまりの強さにびっくり?

・驚きの結果となった準決勝
ロシアで行われているコンフェデレーションズカップの準決勝で、北中米カリブ海王者のメキシコを事実上「2.5軍」のドイツ代表が粉砕した。テレビで試合を観戦した人も、また朝起きてニュースを観たフットボールファンにとっても、驚きの結果だったのではないだろうか。

当然ながら、純粋なパワーバランスで言えば圧倒的に優位に立つであろうドイツだが、今大会にはアーセナルのエジルや、レアル・マドリードのクロース、バイエルン・ミュンヘンのミュラー、ボアテング、ノイアーといった絶対的主力は一人も帯同していないのだ。今大会のドイツ代表のメンバーを見てみると、キャプテンを務めるドラクスラーを除けば皆代表キャップ数が数試合の選手がほとんど。

そうしたことを踏まえると、ワールドカップの決勝トーナメント常連国で、ベストメンバーを揃えた北中米の覇者メキシコがもう少し対等にゲームを進めるものだと多くの人は思ったのではないだろうか。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・ドラクスラーもこの結果に驚き?
しかし結果は若手主体のドイツが「本気」のメキシコを4-1で退けたのだ。この結果、ドイツはコンフェデレーションズカップ初制覇に王手をかけた。キャプテンのドラクスラーは試合後このように語っている。

「我々は、大会を通じてどんどん強くなっている。そして、大きな自信を持っている。チリとの決勝戦でもすべての力を出し切るつもりだ。シーズン直後ということで、皆満身創痍で試合に挑むことになるが、この1試合に国際タイトルがかかっていると思えば、もう一度皆で奮起してハードワークすることができるさ。」と早くも決勝戦に照準を合わせ、南米王者のチリとの再戦に向けて意気込みを語った。

加えてドラクスラーは、「ただ、正直僕はこのチームで決勝まで進むことができるとは思ってなかった。」とも語っている。若手中心のメンバー構成で挑んだ本大会は、あくまで新戦力の発掘、若手のテストに重きを置いた大会になるはずだったため、ドラクスラーもこれだけの結果を残せたことに自ら驚いている様子。

決勝戦は、グループリーグでも相まみえた南米王者のチリとの対戦となるが、ドイツが唯一勝利できなかった相手との「セカンドラウンド」となる。第一戦は1-1のドローに終わったが、メキシコ戦マンオブザマッチのゴレツカは「またチリと対戦できるのは嬉しい」と語っている。注目の決勝戦は、7月2日サンクトペテルブルクで行われる。

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑